富士フイルムビジネスイノベーション

プロダクションプリンター用プリンタードライバー/DropUtilityの macOS 10.15 Catalinaのセキュリティ強化の影響に関して

2019年11月15日

macOS 10.15 Catalinaにおいて、プロダクションプリンター用各種プリンタードライバーおよびDropUtilityにて、dmgファイルのマウント後pkgファイルを実行した際に、以下の警告が発生し実行できない場合の対処手順を記載します。

例)公式Webから72_psn04_osx_du01.dmgファイルをダウンロード後、dmgの中に含まれているpkgファイルを実行すると以下のような警告が表示される場合があります。 [OK]を押すとウィンドウが閉じてしまうためpkgファイルを実行することができません。

pkgファイルを実行する方法 1

警告表示後、設定 > セキュリティとプライバシー > 一般 の「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」に「”~.pkg”は開発下を確認できないため、使用がブロックされました。 [このまま開く]」が表示されます。
[このまま開く]ボタンをクリックします。

以下のウィンドウが起動し、[開く]ボタンでpkgを実行することが可能です。

pkgファイルを実行する方法 2

dmg中の開きたいpkgファイルをControlボタンを押しながらクリックすると、開かれるメニューから[開く]を選択することでpkgファイルを実行することが可能です。