富士フイルムビジネスイノベーション

Microsoft® Windows® 8、Microsoft® Windows Server® 2012 WSD(USB)接続によるプラグアンドプレイインストール

更新日 2012年10月26日

Microsoft® Windows® 8、Microsoft® Windows Server® 2012 WSD(USB)接続によるプラグアンドプレイインストールに関して

Microsoft® Windows® 8、Microsoft® Windows Server® 2012がインストールされたパソコンでプリンタードライバーをWSD接続またはUSB接続でプラグアンドプレイインストールする際、簡易版ドライバーがインストールされるか、または、失敗する場合があります。

注記:
WSDは、Web Services on Devicesの略称です。

失敗する場合はこちらを参照ください

更新方法については以下を参照ください。
簡易版ドライバーがインストールされているか確認する方法を説明します。

  1. コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>デバイスとプリンターの順で画面を選択し表示します。



  2. 対象のプリンターアイコンを右クリックしプリンタープロパティを表示します。

  3. モデルの欄に、FX XPS Color Class Driver またはFX XPS B/W Class Driverと表示されている場合は簡易版ドライバーです。

ドライバーの更新方法を説明します。

  1. プリンタープロパティから[詳細設定]タブを選択し、[新しいドライバー]ボタンを押下します。

  2. [プリンタードライバーの追加ウィザード]ダイアログが表示されます。[次へ]ボタンを押下し案内に従って事前に弊社ダウンロードサイトより入手したドライバーを指定してください。

  3. 「ディスクの使用」ボタンを押下し、「フロッピーディスクからインストール」ダイアログを表示します。

  4. 「参照」ボタンを押下し事前に弊社ダウンロードサイトより入手したドライバーの展開先を指定後、本ダイアログの「OK」ボタンを押下します。

  5. 変更するモデルを選択し「次へ」ボタンを押下してください。

  6. 「完了」ボタンを押下しインストールを完了させてください。

  7. 更新後のドライバーが選択したモデル名であることを確認し、[OK]ボタンを押下してください。更新はこれで終了となります。