富士フイルムビジネスイノベーション

顔認証システム Aタイプ 特長

顔認証システム Aタイプとは

複合機に設置してあるカメラでユーザ認証

複合機に設置してあるカメラで撮影した画像から印刷者の顔を認識してユーザ認証を行います。

顔認証は、生体認証(バイオメトリクス認証)の一種です。画像から顔を検出し、顔の特徴点(輪郭や配置など)の差異から照合を行い、本人を識別する認証方式です。本製品は、NECの顔認証PCログオン製品注1 との連携が可能です。

顔をかざすだけで印刷(手ぶら認証)

手ぶらで認証

ICカードを持つことなく、手ぶらで認証が可能。カードを紛失したり、他人に利用される心配もありません。

運用コストも削減

ICカードのような、新規カード発行や再発行といった日常的に発生するカードに関わる諸業務がありません。

環境にあわせて調整可能なカメラ

ウイングテーブルに接続され、カメラの角度を変えられます。蛍光灯の光や逆光などオフィス環境に合わせて調整が可能です。

ICカード認証との併用も可能

顔認証とICカード認証の2要素認証も可能です。高度セキュリティーを求めるお客様の運用にあわせることが可能です。

また、ICカードと顔認証どちらかでの認証も可能なため、既にICカードをご使用されているお客様の顔認証へ段階的な移行や社員とゲストで認証方式を分けた使用も可能です。

  • 注1NeoFace Monitor

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

商標について

商品に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ