富士フイルムビジネスイノベーション

ApeosWizTM Image Logドキュメントイメージで情報漏洩を抑止

複合機など入出力機器を介したドキュメントをイメージとして保存。蓄積されたイメージは、情報漏えいの抑止・追跡をはじめビジネスへの有効活用を図ることができます。

利用者がIC顔度などで認証して機器を利用すると、機器で処理された画像データやその処理の記録をApeosWiz Image Logに蓄積されます。​管理者は必要に応じてこれらのデータを検索したり、条件に基づいて監視することができます。​オフィスなどで利用されている機器で、どのような情報が、いつ、誰によって扱われたかを、あとから知ることができます。​

複合機など入出力機器を介したドキュメントをイメージとして保存。蓄積されたイメージは、情報漏えいの抑止・追跡をはじめビジネスへの有効活用を図ることができます。

ガバナンス強化や個人情報保護法の施行にともない、セキュリティーに対する意識は高まり続ける一方で、企業内外の情報漏えいは後を絶ちません。 ApeosWiz Image Logは、いつ、誰が、どの機器からどの様な文書をコピー、プリント、ファクス送受信、スキャンしたのか、処理内容と画像データを保存。蓄積されたこれらのデータを管理・監視・追跡することで情報漏えいに対するリスクを低減する、入出力イメージ管理活用システムです。
また、機器を介して多種多様な文書のイメージを大量に蓄積することが可能なので、過去の蓄積データの有効活用により、新たなビジネスチャンスの創出にも大きく貢献します。

紙媒体の情報漏えいを抑止したい

複合機やプリンターに着目し情報漏えいを抑止します。

詳しく見る別窓で開きます

課題

紙媒体の情報漏えいを抑止したい。

解決

利用者がIC顔度などで認証して機器を利用すると、機器で処理された画像データやその処理の記録をApeosWiz Image Logに蓄積されます。​管理者は必要に応じてこれらのデータを検索したり、条件に基づいて監視することができます。​オフィスなどで利用されている機器で、どのような情報が、いつ、誰によって扱われたかを、あとから知ることができます。​

ApeosWiz Image Logは、いつ、誰が、どの機器(複合機・プリンター)からどんな文書(イメージ情報)をコピー、プリント、ファクス送受信、スキャンしたのかが管理されていれば情報漏えいの対策を講じることができます。サーバーに蓄積された「イメージデータ」を管理・監視・追跡にすることで漏えい元を特定し、セキュリティー強化がはかれます。

<効果>

  • 情報漏えいの抑止
  • トレーサビリティーの確保
  • イメージログの監視・通知

まずは富士フイルムビジネスイノベーションにご相談ください。
ご希望の条件や、現在使用している商品の情報をご記入いただければ、お客さまのご要望に合ったご提案をいたします。

  • 2022年8月15日

    動作環境を更新。(Microsoft SQL Server 2012のサポートを終了。)

  • 2022年6月8日

    対応機種を更新。

  • 2022年2月10日

    対応機種を更新。

  • 2021年8月16日

    対応機種を更新。

  • 2021年4月1日

    ApeosWiz Image Logの販売を開始。