富士フイルムビジネスイノベーション

Smart Workstream®業務プロセスと文書を関連付けて可視化

文書の電子化と管理、業務プロセスの自動化・見える化でお客様の生産性向上と効率化を支援します。

本ページは富士ゼロックスブランドの商品を含みます。
富士ゼロックスブランドの商品は、米国ゼロックス社からライセンスを受けている商品です。
商品提供者は富士フイルムビジネスイノベーション株式会社です。

Smart Workstreamは電子化を促進する多彩な文書管理機能により、業務の進行に合わせた文書の電子化を実現します。

Smart Workstreamは、富士フイルムビジネスイノベーションの電子化ソリューションとドキュメント技術をベースとした、お客様の業務効率化、生産性の向上を支援するクラウド型文書管理サービスです。
クラウドサービスならではの投資効率の高さや柔軟性、各種設定のテンプレートがお客様業務への適用を促進します。

業務プロセスの管理を効率化

業務で発生するさまざまな文書を、業務ステップと結び付けて管理し、業務の進捗と文書管理を可視化します。

詳しく見る別窓で開きます

こんなお困りごとを解決します。

  • 関係者が多くて業務進捗を把握しにくい。
  • 納期遅れや資料の作成漏れの損失を防ぎたい。
  • 文書の紛失を防ぎたい。
  • 業務のレビューや監査対応時に手間がかかる。

業務プロセスと文書を結び付けて一元管理

Smart Workstreamを契約関連のプロセス管理に利用すれば、見積~請求~支払いまでのプロセスで発生する書類を一元管理し、さらに各プロセスでの文書や帳票の作成、管理状況を可視化して、納期遅れや督促漏れなどが一目で確認することができます。
契約更新時も、契約満了時に自動的に事前通知することで、契約更新忘れを防止し、業務品質の向上に寄与します。

文書管理の強化で業務品質を向上

企業活動で発生する文書の管理を徹底し、社内外との情報共有や業務品質向上と工数削減を実現します。

詳しく見る別窓で開きます

こんなお困りごとを解決します。

  • 情報を再利用しやすく体系化したい。
  • コストを抑えながら、用途に合わせた文書管理を行いたい。
  • 書類検索時間を削減したい。
  • コピー作業などの付帯業務を軽減したい。
  • 内部統制/監査対応、BCPを強化したい。
  • 関連する法律に確実に対応しながら、対応工数は減らしたい。

管理の徹底が業務品質向上、工数削減を実現します。

工事関連図書をプロセス単位で一元管理し、アクセス権設定による閲覧制限などで、他の部門やプロジェクトメンバーへの適切な情報開示が可能です。​

Smart Workstreamならば、工事などで関連企業から提出される資料やファイル、社内で作成した設計図書などを、案件単位や見積り~施工~アフターのプロセス単位などで管理が可能です。プロセスの進捗や成果の確認を可視化して、関係者との情報共有や業務品質の向上に寄与します。さらに、エビデンス管理の徹底により、監査時の対応工数削減を可能にします。

電子帳簿保存法への対応化

電子帳簿保存法の要件にしたがい、電子化された取引関係書類を強力に管理します。

詳しく見る別窓で開きます

電子帳簿保存法に対応した電子文書の原本性管理

見積~請求~支払いなど、企業で発生する取引関係書類(見積書、申込書、注文書、納品書、受領書、請求書、領収書)を電子で保管。属性情報を利用した検索、訂正や削除の履歴管理など、法要件にしたがって管理が可能です。

タイムスタンプを利用し原本性を確保(オプション)

電子帳簿保存法に対応したタイムスタンプ機能をオプション提供。PDF文書へのタイムスタンプ付与による日付証明、非改ざん証明により電子文書の原本性を確保します。
Smart Workstreamの文書管理機能およびタイムスタンプ機能は、電子帳簿保存法が要求するスキャナ文書保存の法的要件に対応しており、公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度(令和元年改正法令基準)」の製品認証を取得しています。

この認証ロゴは公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。

まずは富士フイルムビジネスイノベーションにご相談ください。
ご希望の条件や、現在使用している商品の情報をご記入いただければ、お客さまのご要望に合ったご提案をいたします。

  • 2022年2月15日

    対応機種を更新。

  • 2021年4月1日

    対応機種を更新。

  • 2020年11月30日

    弊社休業日(年末年始)変更に伴う利用規約改定。

  • 2020年8月3日

    対応機種を更新。

  • 2020年4月24日

    おもな仕様と機能を更新。
    動作環境を更新。