富士フイルムビジネスイノベーション

Zoho CRM Plus

営業、マーケティング、ヘルプデスク、すべての顧客接点活動をサポートする顧客エンゲージメントスイート

Zoho CRM Plusには、営業・マーケティング、サポートチーム向けの以下サービスがパッケージに含まれています。

 

 

 

 

各アプリケーションを連携して使うことで、膨大かつ複雑な顧客情報を管理しながら顧客の活動を把握し、チーム間のコラボレーションを実現・改善し、リアルタイムに分析。さらに、顧客のライフサイクルのフェーズを特定し、顧客データを一元的に把握することを実現します。

 

 

Zoho CRM Plusはクラウド型ビジネスアプリケーションを利用することで、組織は可能な限り最高のカスタマーエクスペリエンスを生み出すことができ、その障害も最小限に抑えられます。 Zoho CRM Plusにはセールス・オートメーション、営業担当者向けのメールクライアント、訪問者トラッキング、ヘルプデスク、プロジェクト管理、マーケティング・オートメーション、ソーシャルメディア、顧客アンケート、活動管理、レポート分析ツールが集約されています。

Zoho CRM Plusを使用すると、

  • チームを超えたコラボレーション
  • 運用コストの削減
  • 売上アップ、ROIの向上
  • 最適な営業チームの戦略立て
  • 営業サイクルの短縮
  • 優良な顧客サービスの提供
  • 適切なオーディエンスセグメントのターゲット設定
  • 競合他社とイベントの追跡
  • パフォーマンスの測定と分析
  • マーケティング動向の特定

チームですべてを備えた1つのソフトウェアを使用して一体となるこてでこれらを実現することができます。
以下に各サービスのZoho CRMとの連携について解説いたします。

 

<Zoho CRM×Zoho Campaigns>

- Zoho CRMと連携しメールマーケティングをより効率的に -

<p>Zoho CRM と連携し、登録されている最新の連絡先に対してE-mailマーケティングを行うことができます。 顧客一人一人に対するキャンペーン効果をZoho CRMから把握することで、お客さまのニーズを知ることができ、より効率的に営業活動を行うことができます。</p>

<p>Zoho Campaignsには、キャンペーン効果の評価に役立つ分析ツールが備わっています。正確な分析と統計で最新情報を把握し、お客さま対応の戦略全体を強化できます。<br />
富士フイルムビジネスイノベーションでは、お客様にあった活用方法のご提案や導入時の支援をいたします。</p>
 

<Zoho CRM×Zoho Projects>

- 効果的なプロジェクトの管理を始めましょう -

Zoho CRMとZoho プロジェクトを連携させると、顧客情報とプロジェクト情報を連動させることができ、タスクをより効果的に管理し、意思決定をスムーズに行えるようになります。

【例:WEB制作会社】

・CRMよりProjectsを作成できます。
・CRMと連携してProjects利用者を追加。取引先、連絡先、商談に関連付けされています。
・プロジェクトに関するタスク、マイルストーン、課題は、ProjectsからCRMに送信され表示できます。
・CRMで新しいプロジェクトのタスクを作成できます。
 

Zoho CRMからプロジェクトを作成して顧客を招待し、進捗の確認や管理を行うことができ、特定の顧客に関して複数のプロジェクトが動いている場合も、全体の状況を簡単に把握することができます。連携の設定後、Zoho CRMから顧客ごとにプロジェクト情報を確認できます。


 

<Zoho CRM×Zoho Survey>

- 簡単アンケート作成 -

Zoho CRMから見込み客や連絡先に対してアンケートを送信でき、アンケートの回答が、Zoho CRMに自動で取り込まれます。
また、回答内容に応じてZoho CRMで管理している情報を自動で更新することもできます。

Zoho CRMとZoho Surveyを連携させると、アンケートの回答をもとにZoho CRMの項目を自動で更新できます。 Zoho CRMとアンケートのデータを組み合わせることで、顧客のニーズや属性をより正確に把握でき、アンケート後の顧客対応に役立てられます。

アンケートの質問とZoho CRMの項目を関連付けると、回答に応じて通知の送信、項目の更新、担当者の割り当て、カスタム関数等のワークフローの処理を起動することも可能です。


 

<Zoho CRM×Zoho SalesIQ>

- WEBサイト上の動きを把握し的確なフォローにより顧客を増やします -

WEBサイトへの訪問履歴をZoho CRMのデータと紐付けることで、より効果的なフォローアップが実現できます。また、チャットウィンドウから見込み客、連絡先、フォローアップタスク、商談情報を追加し、営業活動をより効率化できます。
訪問者の足あとを分析し、エンゲージメント率の高い/低いWebページを見つけ出します。

【CRM連携で表示される訪問データ】
・顧客 - これまでに商談を受注したことのある連絡先の訪問情報が表示されます。
・商談中の顧客 - 進行中の商談がある連絡先の訪問情報が表示されます。
・見込み客/連絡先 - 上記の2つのカテゴリー以外の訪問者で見込み客や連絡先として登録されている人の訪問情報が表示されます。

CRM表示を利用すると、訪問者の情報を営業上の重要度によって分けて表示できます。Zoho CRMに登録されている詳細情報(チャットの履歴、訪問の詳細、メールのやりとり、商談の概要、活動やメモ等)の情報を確認できます。

 

<Zoho CRM×Zoho Desk>

- 顧客サポートをビジネスの中心に -

Zoho CRMを連携することで顧客からの問い合わせを管理できます。この連携により、営業担当やマーケティング担当のユーザーがZoho CRMの見込み客、連絡先、取引先の問い合わせを確認できます。

顧客サポート
お問い合わせの概要、有効期限、発生経路、担当者などをサッと確認できます。 お問い合わせの対応中に、関連するお客さまの情報をZoho CRMから取得できます。お客さまの詳細情報を確認し、より適切な対応につなげられます。
対応状況を見える化
それぞれのサポート担当者の対応状況をひと目で確認できます。

 

「Zoho」に関するトライアルはこちらをご覧ください。

トライアルは
こちら