富士フイルムビジネスイノベーション

IoTで"ものづくり見える化"を実現

生産性と生産効率を 向上する スマート工場 「ものづくり見える化SOL」

ものづくり見える化SOLは、製造業のスマート工場の実現を生産性・生産効率の向上と品質向上の両面から支援します。

弊社の考えるものづくりの見える化とは、現場力向上につなげるプロセスのことで、「何とかしようと行動に移すための仕掛け」のことを言います。具体的には、左のようなプロセスが現場で回るように仕掛けていくことです。

製品概要

ものづくり見える化SOLとは、「ものづくり見える化」の実現を、生産性向上と品質向上の両面から支援するソリューションです。

導入手順

ものづくり見える化SOLの導入手順は、まずは無料の個別相談から、そして進め方を判断し、個別診断をさせていただきます。

他社との違い1
失敗から生まれたノウハウ

ものづくり見える化SOLは、弊社のものづくりの失敗からうまれたノウハウが大量に詰まっています。だからこそ他社にないノウハウが大量にあります。

他社との違い2
ものづくりの全体俯瞰

富士フイルムビジネスイノベーションはものづくりの会社です。そのため貴社と同じ目線でものづくり全体を俯瞰しながら「見える化」の支援ができます。

他社との違い3
共に段階的に歩ける安心感

富士フイルムビジネスイノベーションは常にものづくりの改善・見える化を進めています。だからこそ、貴社と一緒に歩ける安心感があります。

稼働率の阻害要因を改善するものづくり見える化SOL概要資料

製造業の稼働率を阻害する要因(故障ロス、チョコ停、段取替など)を「ものづくり見える化SOL」でどのように解消していくのか?をご紹介しています。

予防保全のメリット・デメリットとIoTを活用した場合の期待できる効果

予防保全と予知保全の違いや予防保全の5つのメリット、2つのデメリット、そしてIoTを活用した場合の期待できる7つの効果についてご 紹介しています。

生産現場の見える化による品質と生産性の改善事例

ものづくり見える化SOLで、生産現場を見える化し、実際に改善に 成功した事例を2つご紹介。何を見える化すべきか?見える化してどう改善につなげるのか?を事例を交えてご紹介しています

  • *本ページに含まれる一部情報は2021年3月以前に富士ゼロックス株式会社が制作したものです。

設備保全の考え方|設備の見える化、自主メンテナンスの重要性も解説

今回は、設備保全を難しくしている要因を踏まえながら、弊社がどのような考え方で事後保全から予兆保全へ変える活動を進めてきたのか..

工場の見える化とは?目的、見せる化との違い、経営に与える影響などを解説

さまざまな定義がなされている工場の「見える化」。ここでは「見せる化」との違いや、見える化の問題点・課題、工場を見...

  • MENU