富士フイルムビジネスイノベーション
工場はもっと「最適化」できる!

原因がわかれば改善策もわかる

生産環境の最適化に向けた
データ分析・シミュレーション

富士フイルムビジネスイノベーションはスマートファクトリーの実現に向け、コンセプトデザインから継続的な運用改善による最適生産の実現までをトータルでサポートするパートナーとなります。

印刷会社様とのお取引実績の多い富士フイルムビジネスイノベーションだからできる
分析・シミュレーションがあります。

Concept Design Concept Design
コンセプトデザイン
コンセプトデザイン

課題認識のすり合わせ、改善対象工程検討

Data Analysis Data Analysis
データ分析
データ分析

業務アセスメント・データ分析による現状可視化導入効果のシミュレーション

Proposal / Introduction Proposal / Introduction
提案・導入
提案・導入

分析結果に基づくご提案、スマートファクトリー実現に向けた協業パートナー選定とシステム導入

Operation /  Improvement Operation /  Improvement
運用・継続改善
運用・継続改善

業務プロセスへの適用、継続的な運用改善による最適生産の実現


Analysis / Simulation

スマートファクトリーの導入・運用のために分析・シミュレーションメニュー

業務実績データを分析することで、人の動き、工程及び設備の状態を可視化し、業務における隠された改善点を特定します。分析結果に基づいてお客様と課題の認識合わせを行い、最適な生産リソース(人・工程・設備)をシミュレーションすることで、改善内容と効果を数値に基づいてご提案します。

Operation

オペレーション分析・
シミュレーション

  • Point

    作業内容をオペレーターごとに分析することで、属人化している業務を可視化。

  • Point

    オペレーター作業時の導線を分析することで、ボトルネックとなっている行動・作業を可視化。

従来の
印刷業務フロー

最適化された
印刷業務フロー

導入後の見込み効果

  • 業務内容をスキルレス化/標準化し、オペレーターの業務属人化を防ぐ。
  • オペレーターの流動性を高め、生産状況に最適な人員配置を実現。
Process

工程ワークフロー分析・
シミュレーション

  • Point

    各工程を時系列で可視化することで、滞留しやすい工程の可視化。

  • Point

    長期的な視野で工程を可視化することで、段取り替え発生頻度/回数を可視化。

時間が多くかかっている注文や作業を特定し、その業務を起点に最適な改善策をご提案

導入後の見込み効果

  • データ分析に基づいたPDCAサイクルを適用し、継続的に生産工程の改善。
  • リアルタイムで滞留の早期発見を促し、工程全体の滞留を防止。
  • 段取り替え回数を最小化することで、工程全体の生産性を向上。
Facility

設備可動率分析・
シミュレーション

  • Point

    業務で発生する通し枚数・損紙の傾向可視化。

  • Point

    印刷機ごとの可動率の可視化。

  • Point

    オフセット/デジタル印刷のコスト分析。

作業実績データから印刷工程を見える化・分析し最適な印刷設備・運用をご提案

導入後の見込み効果

  • オフセット/デジタル印刷の損益分岐点の特定とコスト最適化。
  • オフセット/デジタル印刷の併用による可動率向上。
  • デバイスの手入れの時間を確保することによる可動率、品質向上。