富士フイルムビジネスイノベーション

トナーカートリッジの交換

コンテンツID(3010)

注意事項

警告
  • こぼれたトナーを電気掃除機で吸い取らないでください。
    本製品内およびトナーカートリッジ等に付着したトナーを電気掃除機で吸引することもおやめください。掃除機を用いると、掃除機内部のトナーが、電気接点の火花などにより、発火または爆発する恐れがあります。床などにこぼしたトナーは、ほうきで掃き取るか、または石けん水を湿らした布などで拭き取ってください。大量にこぼれた場合、弊社プリンターサポートデスクまたは販売店にご連絡ください。
  • トナーカートリッジやドラムカートリッジは、絶対に火中に投じないでください。トナーカートリッジやドラムカートリッジに残っているトナーが発火または爆発する可能性があり、火傷の恐れがあります。使い終わった不要なトナーカートリッジやドラムカートリッジは弊社にて回収いたしますので、必ず弊社プリンターサポートデスクまたは販売店にご連絡ください。
注意
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジは幼児の手が届かないところに保管してください。幼児がトナーを飲み込んだ場合は、ただちに医師に相談し指示を受けてください。
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジを交換する際は、トナーが飛散しないように注意してください。また、トナーが飛散した場合は、トナーが皮膚や衣服に付いたり、トナーを吸引したり、または目や口に入らないように注意してください。
  • 次の事項に従って、応急処置をしてください。
    • トナーが皮膚や衣服に付着した場合は、石けんを使って水でよく洗い流してください。
    • トナーが目に入った場合は、目に痛みがなくなるまで15分以上多量の水でよく洗い、必要に応じて医師の診断を受けてください。
    • トナーを吸引した場合は、新鮮な空気のところへ移動し、多量の水でよくうがいをしてください。
    • トナーを飲み込んだ場合は、飲み込んだトナーを吐き出し、水でよく口の中をすすぎ、多量の水を飲んでください。すみやかに医師に相談し指示を受けてください。
重要
  • ドラムカートリッジ、トナーカートリッジを本製品から取り外した場合は、あらかじめ平らな場所に新聞紙などを用意し、その上に置いてください。トナーが飛び散ることがありますので、汚れてもよい紙を用意してください。
  • 使用済みのトナーカートリッジにはトナーの粉が残っている場合があるので、取り扱いには注意してください。
  • 使用済みのドラムカートリッジを交換する場合は、トナーの粉が残っていることがあるので、取り扱いには注意してください。
  • ドラムカートリッジとトナーカートリッジの取り扱いには細心の注意を払ってください。万一、トナーが飛び散って手や衣服が汚れた場合は、すぐに拭き取るか冷たい水で洗い流してください。
  • 開封したドラムカートリッジが直射日光や過度の室内光を受けると、カートリッジが損傷することがあります。
  • 本機は、純正消耗品を使用しているときに印刷品質や本機の性能がもっとも安定するように設計されています。
  • 純正品と異なる仕様の消耗品を使用された場合、プリンター本来の性能を発揮できない場合や、本機が仕様外の消耗品を使用時に故障したときに有償修理となる場合があります。
  • 純正品をご使用いただけますと、万一のトラブルのときも安心してサポートを受けることができます。本来の性能を得るためにも、純正品の使用をお勧めします。
  • 新しいトナーカートリッジの保護カバーを取り外した後、トナーカートリッジをドラムカートリッジに取り付けてください。
  • 最良の性能を発揮させるために、富士ゼロックス純正のドラムカートリッジおよびトナーカートリッジを使用してください。本製品は、清潔でちりやほこりが発生せず、適度の換気が行われている環境において使用してください。
  • 印刷品質の劣化を防止するため、イラストの青色の部分には触れないようしてください。
    トナーカートリッジ


    ドラムカートリッジ

     
注記
  • トナーカートリッジは、本製品に取り付ける直前に開封してください。トナーカートリッジを開封したまま長期間放置すると、トナーの寿命が短くなります。
  • 使用済みのトナーカートリッジを廃棄するときは、プラスチックバッグに入れ、しっかりと封をして、粉末がカートリッジからこぼれないようにしてください。弊社または販売店にお渡しいただき、当社の回収・リサイクル活動にご協力ください。なお、お客様で処理される場合は、地域の規則に従って廃棄してください。

新品のトナーカートリッジが入っていた袋をご利用ください。

詳細

補足
  • 最良の性能を発揮させるために、富士ゼロックス純正ドラムカートリッジおよびトナーカートリッジを使用してください。本製品は、清潔でちりやほこりが発生せず、適度の換気が行われている環境において使用してください。
  • トナーカートリッジを交換するタイミングに合わせて、本製品も清掃することをおすすめします。

■まもなくトナーカートリッジ交換のメッセージ

本製品はトナーカートリッジの寿命を検知し、交換時期が近づくと液晶ディスプレイに[まもなくトナー交換]のメッセージを表示して、お知らせします。

補足
  • 液晶ディスプレイに[まもなくトナー交換]のメッセージが表示されたときは、トナーカートリッジの交換時期が近づいています。新しいトナーカートリッジを購入し、[トナー交換]が表示される前に準備しておいてください。
  • 印刷結果がかすれる場合は、新しいトナーカートリッジに交換してください。

■トナーカートリッジ交換のメッセージ

さらに使い続けると液晶ディスプレイに[トナー交換]のメッセージが表示されます。一度この表示になるとトナーカートリッジを交換しないと印刷ができなくなります。新しいトナーカートリッジに交換してください。

交換手順

  1. 本製品の電源がオンになっていることを確認する
    電源がオフの場合は、を押してオンにします。

  2. トナーカートリッジを取り出す

    1. フロントカバーを開ける


       
    2. ドラムカートリッジを取り出す


       
    3. 緑色のロックレバーを押し、ドラムカートリッジからトナーカートリッジを取り外す


       
  3. 交換する

    1. 新しいトナーカートリッジを開封する

      注記
      • トナーカートリッジは、本製品に取り付ける直前に開封してください。トナーカートリッジを開封したまま長期間放置すると、トナーの寿命が短くなります。
    2. 保護カバーを取り除く


       
    3. トナーカートリッジがロックされるようにドラムカートリッジに取り付ける
      正しく装着されるとカチッと音が鳴り、緑色のロックレバーが元の位置に戻ります。


       
    4. ▼のマークが付いた緑色のつまみを2 ~ 3回往復させ、ドラムカートリッジ内部のコロナワイヤーを清掃する

    5. 緑色のつまみを元の位置(▲)に戻す
      元の位置に戻っていないと、印刷した用紙に縦縞が入る場合があります。


       
  4. 元の状態に戻す

    1. ドラムカートリッジを戻す


       
    2. フロントカバーを閉じる

注記
  • 液晶ディスプレイに[お待ちください]と表示されますので、そのままお待ちください。途中で本製品の電源をオフにしたり、フロントカバーを開けたりすると、新しいトナーを検知できない場合があります。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答