富士フイルムビジネスイノベーション

スキャンしてパソコンに保存したい

コンテンツID(6002)

設定の流れ

  1. [PC]パソコンで事前に準備する
  2. [本機]宛先をアドレス帳に登録する
  3. [本機]文書をスキャンして、パソコンに保存する
  4. [本機]スキャンした文書がパソコンに送られたか確認する
  5. [PC]保存した文書をパソコンで確認する

パソコンでの操作と本機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、本機での操作は[本機]と明示しています。

本操作ではセキュリティー設定の変更を行います。

お客様が運用しているセキュリティーのルールに従って設定してください。

パスワードを設定しないでログオンしている場合や、ユーザー名が漢字やひらがなの場合は、本機からアクセスできません。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

[PC]パソコンで事前に準備する

本機で操作を行う前に、パソコンから必要な情報を入手します。

ユーザー名とパスワードを確認する

  1. Windowsにログオンするためのユーザー名とパスワードを書きとめます。

    注記

    ユーザー名とパスワードで、次のような不明な点がある場合は、システム管理者に確認してください。

    • ユーザー名が漢字やひらがなの場合

    • ユーザー名が分からない場合

    • パスワードを忘れた場合

    • パスワードを設定していない場合

コンピューター名を確認する

  1. windows key]+[Pause]キーを押します。

  2. [フル コンピューター名:]に表示されるコンピューター名を書きとめます。

    image

パソコンに共有フォルダーを作る

アクセス権を設定する

  1. [スタート]をクリックし、表示されるメニューから[設定]を選び、Windowsの設定を開きます。

  2. [ネットワークとインターネット]>[共有オプション]を順に選びます。

    image

  3. [ファイルとプリンターの共有]の[ファイルとプリンターの共有を有効にする]をクリックし、[変更の保存]をクリックします。

    image

共有フォルダーを作成する

  1. 任意の場所にスキャンした文書を保存するフォルダーを作成し、フォルダー名を書きとめます。

    注記
    • フォルダー名は、半角英数字で入力することをおすすめします。

  2. 作成したフォルダーを右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選びます。

  3. [共有]タブを開き、[詳細な共有]をクリックします。

    image

  4. [このフォルダーを共有する]にチェックを付け、[アクセス許可]をクリックします。

    image

  5. [アクセス許可:Everyone]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    image

  6. [OK]をクリックします。

  7. [共有]タブの[共有]をクリックします。

    image

  8. ドロップダウンリストから[Everyone]を選び、[追加]をクリックします。続けて[共有]をクリックします。

    image

  9. [終了]をクリックします。

  10. [セキュリティ]タブを開き、[グループ名またはユーザー名]欄から[Everyone]を選び、[編集]をクリックします。

    image

  11. [アクセス許可:Everyone]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    image

  12. [閉じる]をクリックして、プロパティ画面を閉じます。

[本機]宛先をアドレス帳に登録する

文書の保存先を、あらかじめアドレス帳に登録できます。

補足
  • 機械管理者の設定や、すでに登録されている宛先数によっては、宛先の追加ができない場合があります。この場合は、設定状況や宛先登録数について機械管理者に確認してください。

  1. ホーム画面で[アドレス帳]をタップします。

    image

  2. image]をタップします。

    image

  3. [連絡先を追加]を選びます。

    image

  4. [表示名]をタップし、表示する名称を入力して、[OK]をタップします。

    image

  5. 必要に応じて、よみがな、姓、名、会社名を入力します。

    image

  6. 設定したい宛先種別をタップします。

    image

  7. [SMB]、[FTP]、[SFTP]を選んだ場合、[保存先設定]の各項目に、「[PC]パソコンで事前に準備する」で確認した内容を入力します。

    補足
    • 保存先のサーバー名やフォルダーなどの階層構造が表示され、階層を順番にたどりながら保存先を指定できます。階層が表示されないときは、直接入力してください。

  8. 必要に応じてほかの宛先を追加します。

  9. すべての設定が終わったら、[連絡先を追加]画面で[OK]をタップします。

  10. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

[本機]文書をスキャンして、パソコンに保存する

  1. スキャンする文書をセットします。

    image

    補足
    • 折り目、しわのある原稿、切り貼り原稿、カール紙、裏カーボン紙は、紙詰まりの原因になりますので、原稿ガラスにセットしてください。

  2. ホーム画面で[スキャン送信]をタップします。

    image

  3. [アドレス帳から選択]をタップします。

    image

  4. スキャンする文書の保存先を選び、[OK]をタップします。

    image

  5. image]を選択し、必要に応じて任意の項目を設定します。

    image

  6. [スタート]をタップしてスキャンを開始します。

[本機]スキャンした文書がパソコンに送られたか確認する

  1. ホーム画面で[image]をタップします。

    image

  2. [すべてのジョブ]をタップし、表示されるメニューから[スキャンジョブ]、[実行完了ジョブ]、または[実行中/待ちジョブ]を選び、ジョブの状態を確認します。

    image

    補足
    • 異常終了した場合は、ジョブを選び、詳細画面に表示されるエラーコードを確認してください。このヘルプのトップページからエラーコード検索できます。

  3. ホームボタンを押します。

[PC]保存した文書をパソコンで確認する

  1. 共有フォルダーを開き、文書をダブルクリックします。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答