富士フイルムビジネスイノベーション

Revoria Flowで困ったときの対処を知りたい

コンテンツID(4202)

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

エラーメッセージが表示される場合の対処を知りたい

プリンターを使用中に異常が発生したり、ジョブがエラーになったりすると、Print Stationのステータスカラーバーや、エラージョブのジョブプロパティに、エラーメッセージが表示されます。

表示されるメッセージに従って、対処してください。

プリントサーバーで困ったときの対処を知りたい

プリントサーバーを使用中に、次のような症状がある場合は、原因を確認して対処してください。

症状

原因

処置

プリントができない

使用している論理プリンターが「停止」になっていませんか?

論理プリンターを「起動」にしてください。

参照
  • 「ユーザーズガイド - サーバー設定編」の3 論理プリンターの設定

プリントサーバーのステータスカラーバーの表示が一時停止中になっていませんか?

Print Stationの[プリント再開]をクリックしてください。

プリントサーバーで受信後にジョブを保留する設定になっていませんか?

リンクメニューの[設定]>[システム設定]>[ジョブ設定]>[サーバー]>[受信後にジョブを保留する]をオフにしてください。

Mac OS X用プリンタードライバーの設定項目のメニュー([Revoria Flow]をプルダウンさせる箇所)で、[給紙]が選択できない

Mac OS Xのアプリケーションによっては、正しく用紙の設定ができず、用紙エラーになることがあるため、Mac OS X用プリンタードライバーのV1.4.1.5以降、設定項目のメニューから[給紙]の項目をなくしました。

[用紙]>[給紙方法]は、設定項目のメニューで[Revoria Flow]を選択し、ジョブプロパティの[用紙]>[給紙方法]で設定してください。

リンクメニューの[設定]>[システム設定]>[ジョブ設定]>[サーバー]>[指定日時にジョブを削除する](プリントサーバーのマニュアル「サーバー設定編」参照)にチェックが付いているのに、ジョブが削除されない

自動で削除されるのは、設定(チェックあり/なし、種類、時刻の指定方法)の変更が反映されたあとに受信したジョブです。設定の変更が反映される前に受信したジョブは自動削除されません。

設定の変更が反映される前に受信したジョブは、ジョブの右クリックメニューで、[削除]を選択して、削除してください。

Mac OS X 10.11.5以降のクライアントからSMB接続でゲストログインできない

SMB接続でのゲストログインが許可されていません。

[ユーザー名]、[パスワード]を入力してください。

週に1回、ジョブの受信やRIP処理に時間がかかることがある

プリントサーバーは、Windowsのデフォルト設定で、週に1回、ディスクデフラグ(ファイルの断片化を解消して、最適化する処理)が実行されるように設定されています。ディスクデフラグの実行中は、CPUに高い負荷がかかり、ジョブの受信やRIP処理などができないことがあります。

ディスクデフラグはシステム性能を維持するために必要な処理です。業務のスケジュールに応じて、「自動デフラグの実行スケジュールを変更する」、「定期的に手動実行する」などのディスクデフラグ実行のスケジュールの調整を行ってください。
ディスクデフラグが実行されているかどうかの確認、および手動実行は、[ドライブの最適化]ダイアログボックスで行ってください。[ドライブの最適化]ダイアログボックスを表示させるには、プリントサーバーで、次の操作が必要です。
1.管理者アカウントでWindowsにサインインします。
2.Windows の[スタート]>[Windows管理ツール]>[ドライブのデフラグと最適化]をクリックします。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答