富士フイルムビジネスイノベーション

以前のPrint Server(PX Print Server)ジョブの読み込み

コンテンツID(4160)

概要

Print Serverの「ジョブの読み込み」機能を使って、以前のPrint Server(PX Print Server)のジョブを読み込むことができます。

参照

ジョブの読み込み方法については、『GX Print Serverユーザーズガイド - 基本操作編』の「3.4 ジョブの読み込み」を参照してください。

  • 読み込めるのは、次の機種、およびバージョンで作成されたジョブだけです。
    - PX700 Print Server V6.1
    - PX Print Server V6.1
    - PX750 Print Server V7.0
    - PX560 Print Server V7.0
    - PX140 Print Server V6.0、V7.0(Print StationのV1.4.1.4以降)
    - PX1000 Print Server V6.1、V7.1、V7.2(Print StationのV1.4.1.4以降)
  • ビルドジョブは読み込めません。(エラージョブとして読み込まれるのではなく、エラーメッセージが表示され、ジョブリストにも表示されません)
  • PX Print Serverでファイルを圧縮して保存した「.lzh」形式のジョブファイルは読み込めません。解凍し、「.jbf」形式にしたあと、ファイルを読み込んでください。
  • PX140 Print Serverで作成することができる、1bit TIFFのジョブ形式のファイル(拡張子は「.tbf」)は読み込めません。(エラージョブとして読み込まれるのではなく、エラーメッセージが表示され、ジョブリストにも表示されません)

ジョブプロパティ(PX Print Serverでは「プリントオプション」)の設定

  • GX Print Serverにだけある機能の設定は、デフォルトの状態になります。
  • 用紙種類・坪量、用紙トレイなど、接続されるプリンターに依存する機能の設定は、移行されるものと、移行されないものがあります。
    例:範囲指定されている坪量は、デフォルトの状態(90)になります。
  • 同一の機能の設定は、そのまま移行されるものと、されないものがあります。また、ジョブの状態によっては、設定が移行されなかったり、設定が変更されたりすることがあります。

機能移行時の注意事項

機能を移行したときは、[現在の設定]でジョブプロパティの状態を確認したあと、プリントしてください。


 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答