富士フイルムビジネスイノベーション

紙折り位置調整

コンテンツID(3920)

用紙の種類ごとに紙折りの位置を調整し、10種類のタイプに設定できます。設定したタイプは各トレイに関連付けます。
二つ折り、製本、内三つ折り、外三つ折り、Z折りの折り位置が調整できます。

紙折り位置調整

  1. トレイに折り位置を調整する用紙をセットします。

  2. 〈認証〉ボタンを押して、機械管理者モードに入ります。

  3. メニュー画面の[仕様設定/登録]を押します。

  4. [仕様設定]>[共通設定]>[保守]を押します。

  5. [フィニッシャーの調整]を選択します。



  6. [紙折り位置の調整]を選択します。

  7. [紙折り位置タイプの設定]を選択して、[設定/変更]を押します。

  8. 設定または調整したい紙折り位置タイプを選択して、[確認/変更]を押します。



  9. [名称]を選択して、[確認/変更]を押します。



  10. タイプ名を入力して、[決定]を押します。

    補足
    • 「二つ折り標準」など、内容のわかる名称にすることをお勧めします。

  11. 折りのタイプを選択して、[確認/変更]を押します。

    参照

二つ折りの位置調整

  1. [二つ折り]を選択して、[確認/変更]を押します。



  2. [1束の枚数]を指定して、[確認プリント]を押します。



  3. 用紙をセットしたトレイを選択して、〈スタート〉ボタンを押します。


    出力サンプルがプリントされます。
  4. [閉じる]を押します。

  5. プリントされた出力サンプルを確認して、ずれ量を計測します。

  6. [左が長い]または[右が長い]を選択し、[確認プリント出力用紙のA 値]に、手順5 で計測した値を入力します。



  7. [調整]を押します。

  8. 再度[確認プリント]を押します。

  9. 用紙をセットしたトレイを選択し、〈スタート〉ボタンを押します。

  10. 出力サンプルがプリントされます。

  11. [閉じる]を押します。

  12. 出力サンプルの結果を確認します。

  13. 必要があれば、再度、調整します。

  14. [決定]を押します。

  15. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。


製本の位置調整

  1. [製本]を選択して、[確認/変更]を押します。



  2. [確認プリント]を押します。



  3. 用紙をセットしたトレイを選択し、[2枚束]を選択して、〈スタート〉ボタンを押します。


    出力サンプルがプリントされます。
  4. 用紙をセットしたトレイを選択し、[15枚束]を選択して、〈スタート〉ボタンを押します。
    出力サンプルがプリントされます。

  5. [閉じる]を押します。

  6. 出力サンプルを確認して、2枚束、15枚束の位置のずれ量を計測します。

  7. [2枚束の折り設定]を押します。



  8. 出力用紙の折りとホチキスの位置の状態を選択して、[確認プリント出力用紙のA値/B値]に手順6で計測した2枚束のずれ量を入力します。



  9. [閉じる]を押します。

  10. 同様に、[15枚束の折り設定]を設定します。



    補足
    • 2枚束と15枚束の設定で2枚束から15枚束まで自動的に調整されます。

    • 2枚束と15枚束の自動調整で合わない枚数がある場合は、[枚数指定の折り設定]で設定してください。

  11. [調整]を押します。

  12. 再度[確認プリント]を押します。

  13. 用紙をセットしたトレイを選択し、[2 枚束]を選択して、〈スタート〉ボタンを押します。
    出力サンプルがプリントされます。

  14. 用紙をセットしたトレイを選択し、[15 枚束]を選択して、〈スタート〉ボタンを押します。
    出力サンプルがプリントされます。

  15. [閉じる]を押します。

  16. 出力サンプルの結果を確認します。

  17. 必要があれば、再度、調整します。

  18. [決定]を押します。

  19. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。


内三つ折りの位置調整

  1. [内三つ折り-A4]または[内三つ折り-8.5x11″]を選択して、[確認/変更]を押します。



  2. [確認プリント]を押します。



  3. 用紙をセットしたトレイを選択して、〈スタート〉ボタンを押します。


    出力サンプルがプリントされます。
  4. [閉じる]を押します。

  5. プリントされた出力サンプルを確認して、折り位置移動量A、Bを計測します。



  6. [確認プリント出力用紙のA値/B値]に手順5で計測した値を、[仕上げたい出力用紙のA値/B値]に仕上げたい(調整後にほしい)値を入力します。

    注記
    • 用紙の端が折り位置より外に出ないようにA値、B値を設定してください。用紙の端が折り位置より外に出ると、紙詰まりの原因になることがあります。

  7. [調整]を押します。

  8. 再度[確認プリント]を押します。

  9. 用紙をセットしたトレイを選択し、〈スタート〉ボタンを押します。
    出力サンプルがプリントされます。

  10. [閉じる]を押します。

  11. 出力サンプルの結果を確認します。

  12. 必要があれば、再度、調整します。

  13. [決定]を押します。

  14. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。


外三つ折りの位置調整

  1. [外三つ折り-A4]または[外三つ折り-8.5x11″]を選択して、[確認/変更]を押します。



  2. [確認プリント]を押します。



  3. 用紙をセットしたトレイを選択して、〈スタート〉ボタンを押します。



    出力サンプルがプリントされます。
  4. [閉じる]を押します。

  5. プリントされた出力サンプルを確認して、折り位置移動量A、Bを計測します。



  6. [確認プリント出力用紙のA値/B値]に手順5で計測した値を、[仕上げたい出力用紙のA値/B値]に仕上げたい(調整後にほしい)値を入力します。

    注記
    • 用紙の端が折り位置より外に出ないようにA値、B値を設定してください。用紙の端が折り位置より外に出ると、紙詰まりの原因になることがあります。

  7. [調整]を押します。

  8. 再度[確認プリント]を押します。

  9. 用紙をセットしたトレイを選択し、〈スタート〉ボタンを押します。
    出力サンプルがプリントされます。

  10. [閉じる]を押します。

  11. 出力サンプルの結果を確認します。

  12. 必要があれば、再度、調整します。

  13. [決定]を押します。

  14. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。


Z折りの位置調整

  1. [Z折り- A3]、[Z折り- B4]、[Z折り- 11x17″]または[Z折り- 八開]を選択して、[確認/変更]を押します。



  2. [確認プリント]を押します。



  3. 用紙をセットしたトレイを選択し、〈スタート〉ボタンを押します。


    出力サンプルがプリントされます。
  4. [閉じる]を押します。

  5. プリントされた出力サンプルを確認して、折り位置移動量A、Bを計測します。



  6. [確認プリント出力用紙のA値/B値]に手順5で計測した値を、[仕上げたい出力用紙のA値/B値]に仕上げたい(調整後にほしい)値を入力します。

    注記
    • 用紙の端が折り位置より外に出ないようにB値を設定してください。用紙の端が折り位置より外に出ると、紙詰まりの原因になることがあります。

  7. [調整]を押します。

  8. 再度[確認プリント]を押します。

  9. 用紙をセットしたトレイを選択し、〈スタート〉ボタンを押します。

  10. 出力サンプルがプリントされます。

  11. [閉じる]を押します。

  12. 出力サンプルの結果を確認します。

  13. 必要があれば、再度、調整します。

  14. [決定]を押します。

  15. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。


 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答