富士フイルムビジネスイノベーション

DocuWorksファイルを簡単にイメージ変換してファイルを開く方法

登録日: 2018年1月17日
最終更新日: 2018年1月17日
コンテンツID: 00278

回答

【対象環境】DocuWorks 9

概要

イメージ処理ソフトとの連動により、DocuWorksファイルを簡単にイメージ変換してファイルを開くことができます。

ここではツールバーを使ってその方法を解説します。

対処方法

  1. DocuWorks Deskのメニューバーの[ツール]から[ツールの設定]を選択します。
  2. [ツールバーの設定]ダイアログの[コマンド]タブにある[分類]の中から[ツール]を選択します。さらに右の[コマンド]タブにある[イメージ処理ソフトの起動]を選択し、追加したい[ツールバー]または[お仕事バー]にドラッグ&ドロップします。[図1]

    イメージ処理ソフトを選択しツールバーへドラッグ&ドロップ 図1:ツールバーの設定からイメージ処理ソフトを選択しツールバーへドラッグ&ドロップ

  3. [イメージ処理ソフトの設定]ダイアログボックスで、[実行モジュールのパス]を入力して起動させたいイメージ処理ソフトを設定します。[図2]

    ここではイメージ処理ソフトとして、Microsoftペイント(mspaint.exe)を使った例になります。
    実行モジュールのパスの例: C:\Windows\System32\mspaint.exe

    [イメージ処理ソフトの設定]ダイアログボックスの画像 図2:イメージ処理ソフトを設定(「Microsoftペイント」を設定した場合)

  4. 必要に応じて、[文書の受け渡し]を設定し、<OK>をクリックします。
  5. [ツールバーの設定]ダイアログボックスの<閉じる>をクリックします。
  6. イメージデータ化したい書類を選択し、追加された[イメージ処理ソフトの起動]ボタンをクリックすると、設定したソフトが起動し、選択した書類がイメージデータに変換されます。[図3]

    書類を選択し、[イメージ処理ソフトの起動]をクリック 図3:書類を選択し、[イメージ処理ソフトの起動]をクリック

    イメージ処理ソフトの画像 図4:設定したイメージ処理ソフトが起動します

注意事項

作成されたイメージファイルは自動的に削除されることはありませんが、次回プラグイン実行時に上書きされます。また、アノテーションはイメージに反映されません。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答

注記1:ファイルの添付、半角カタカナおよび半角カナ記号、HTMLタグはご使用いただけません
注記2:全角1,000文字以内で入力してください。
注記3:こちらフォームからのお問い合わせには、回答することができません。
                要望への対応はお約束できかねますので、ご了承ください。