富士フイルムビジネスイノベーション

Internet Explorer® 11で[拡張保護モード]を有効に設定して、DocuWorks文書を開こうとすると、ダイアログが表示されます。

登録日: 2018年1月17日
最終更新日: 2018年1月17日
コンテンツID: 00463

回答

【対象環境】DocuWorks 9

現象

Internet Explorer® 11で、下記のように[拡張保護モード]を有効に設定して、DocuWorks文書を開こうとすると、ダイアログが表示されます。

Windows 8.1(x64)におけるInternet Explorer 11の設定の画面 Windows® 8.1(x64)におけるInternet Explorer® 11の設定画面

表示されるダイアログは、Internet Explorer®のバージョンや拡張保護モードの設定によって異なり、下記3種類のダイアログのいずれかが表示されます。

ダイアログ(1). [コントロールの実行]、[実行しない]ボタンをもつダイアログが表示されるケース

[コントロールの実行]、[実行しない]ボタンをもつダイアログの画像

ダイアログ(2). [無効にする]、[常に無視する]ボタンをもつダイアログが表示されるケース

[無効にする]、[常に無視する]ボタンをもつダイアログの画像

ダイアログ(3). [OK]、[キャンセル]ボタンをもつダイアログが表示されるケース

Internet Explorerダイアログが表示される画像

対処方法

表示されるダイアログ毎に対処方法を説明します。

ダイアログ(1)、(2)が表示される場合

[コントロールの実行]または[無効にする]をクリックすると、拡張保護モードが無効になり、ブラウザー内にDocuWorks文書が表示されます。

[実行しない]または[常に無視する]をクリックすると、空白のページが表示されます。
これ以降同一ドメイン内でDocuWorks文書を開こうとすると、(1)、(2)のダイアログは表示されず、常に空白のページが表示されます。注1

  • 注1 ダイアログの再表示
    (1)、(2)のダイアログは、Internet Explorer®の閲覧履歴を削除することで再表示できるようになります。閲覧履歴を削除する手順は次のとおりです。
  1. [インターネットオプション]ダイアログを開く。
  2. [全般]タブ > [閲覧の履歴]セクションの[削除…]ボタンをクリックする。
  3. 表示された[閲覧履歴の削除]ダイアログで、[履歴]をチェックし、[削除]ボタンをクリックする。

ダイアログ(3)が表示される場合

[OK]をクリックすると、拡張保護モードを無効になり、ブラウザー内にDocuWorks文書が表示されます。

[キャンセル]を選択すると、DocuWorks文書は開かれません。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答

注記1:ファイルの添付、半角カタカナおよび半角カナ記号、HTMLタグはご使用いただけません
注記2:全角1,000文字以内で入力してください。
注記3:こちらフォームからのお問い合わせには、回答することができません。
                要望への対応はお約束できかねますので、ご了承ください。