富士フイルムビジネスイノベーション

CPUコアが1つの環境で動作するDocuWorks 9では、処理に時間がかかる場合がある

登録日: 2019年4月3日
最終更新日: 2021年4月1日
コンテンツID: 00596

回答

【対象環境】DocuWorks 9

現象

CPUコアが1つの環境で動作するDocuWorks 9では、処理に時間がかかる場合があります。 処理に時間がかかる例としては、以下の操作があります。

  • リンクフォルダに存在するPDFファイルの束ね/ばらし操作
  • DocuWorksの一時フォルダが共有フォルダに設定されている場合の、PDFファイルの束ね/ばらし操作

原因

DocuWorks 9 では複数コアで並列処理する事で、処理速度を向上させています。
CPUコアが1つの環境では、以前のバージョンよりも遅くなる場合があります。

対処方法

  • DocuWorksの一時フォルダがネットワーク上の共有フォルダに設定されている場合は、一時フォルダをローカル上のフォルダに設定する事でパフォーマンスが向上する場合があります。

    一時フォルダの変更方法は以下になります。
    1. Windowsの[スタート]メニュー > [Fuji Xerox] > [DocuWorks ユーザー個別設定ツール]を選択すると、「DocuWorks ユーザー個別設定」画面が表示されます。
      • 注記DocuWorks 9.1の場合
        Windowsの[スタート]メニュー>[FUJIFILM DocuWorks]>[DocuWorks ユーザー個別設定ツール]
    2. 設定の変更にチェックを入れ、[次へ]、「一時ファイルが生成されるフォルダを指定してください」の画面にて新しい設定値をローカル上のフォルダに指定いただきます。標準の設定値は下記になります。

      ・DocuWorks 9の場合
      C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Fuji Xerox\DocuWorks\DWTemp

      ・DocuWorks 9.1の場合
      C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\FUJIFILM\DocuWorks\DWTemp

  • 仮想環境の場合は、CPUコアを2つ以上割り当てる事などを検討ください。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答

注記1:ファイルの添付、半角カタカナおよび半角カナ記号、HTMLタグはご使用いただけません
注記2:全角1,000文字以内で入力してください。
注記3:こちらフォームからのお問い合わせには、回答することができません。
                要望への対応はお約束できかねますので、ご了承ください。