富士フイルムシステムサービス株式会社

ソーシャルワーク実習支援システム

ソーシャルワーカー(社会福祉士)養成におけるコミュニケーションを円滑化するクラウド型システムです

こんなお悩みありませんか?

  • 実習期間中、実習生の実習状況を教員が把握できない
  • 実習先指導者の実習スケジュールの作成負荷が高く、効率化を図りたい
  • 大学教員・実習先指導者・実習生の間で、リアルタイムでのコミュニケーションを可能にしたい

そのお悩み、ソーシャルワーク実習支援システムが解決します。

solution

解決のための3つのポイント

ソーシャルワーカー(社会福祉士)の養成校と実習施設が、実習前から実習後まで、密に連携の取れるシステムを提供いたします

Point1

手書きからの脱却! 3者間のコミュニケーションをリアルタイムでシステム管理

養成校・学生・実習先指導者が日誌、レポート、評価をオンライン上で行うため、紙保管と比べて紛失などのリスクを軽減

Point2

導入障壁が低く、短期間での運用開始が可能

インターネット環境につながるPCだけで、スピード導入を実現

Point3

豊富な導入実績をもとにした実習支援システム

ベースは全国88%のシェアを持つ薬学生の実務実習指導・管理システム

Point1

3者間のリアルタイムでのコミュニケーションを管理・サポート

ソーシャルワーカー(社会福祉士)養成課程での実務実習では、教員がさまざまな実習施設・機関で実習中の学生の状況をリアルタイムに把握することは難しく、またカリキュラム見直しに対応する必要もあります。本システムを導入することにより、必要な指導・フォローアップをタイムリーに行うことができ、学習効果向上と効率化を実現します。

カリキュラム見直し対応

相談援助実習の時間数は180時間から240時間に、実習先は1か所以上から2か所以上に見直されました。本システムは、複数の養成校と実習施設・機関の実習前から実習後まで円滑な連携を実現します。学生からは「遠隔で先生がこまめに見てくれて安心できた」、指導者からは「時間・場所を気にせずコメントできた」「職員内ですぐに共有・連携できた」との声が挙がっています。

効果向上・効率化

日誌・コメントを紙管理からシステムに移行することで作業が効率化し、学生からは「清書の時間がいらなくなり、学習に注力できるようになった」「すぐにコメントいただいて次の日の実習に役立てられた」、指導者からは「スキルに合わせた実習が実現した」との声をいただいております。

Point2

導入障壁が低く、スピーディーに運用開始が可能

インターネットにつながるPCさえあればシステムを利用できます。大学や施設側に特別なソフトウェアやサーバーなどを用意する必要はありません。専用のヘルプデスクを用意しているため、フリーダイヤル、Eメールで利用者からの操作問い合わせなどにすぐに対応できる体制も整っております。ご契約から導入までは、システム詳細確認から説明会含め非常に短い期間で運用開始できます。

Point3

薬科大・薬学部実務実習の豊富な導入実績をもとにしたソーシャルワーク実習支援システム

本システムは、全国薬科大・薬学部75大学のうち66大学の88%で採用していただき、薬学生約1万人、病院1,800施設、指導薬剤師2万人が利用している豊富な導入実績をもとに、ソーシャルワーク版をリリースしております。

service

サービス概要

ソーシャルワーカー(社会福祉士)養成の実習現場において、学生・教員・実習指導者の3者間コミュニケーションツールとして、実習の円滑化や学習効果向上を実現します

ソーシャルワーク実習支援システムの利用により、学生は実習日誌や実習評価を登録し、教員は学生の実習内容をリアルタイムに共有でき、必要なサポートを行うことが可能です。また、実習記録の蓄積によって、実習先の指導者は学生の経験内容をシステム上で確認し、養成校の教員と共通認識のもとに実習を進めることができます。
function

機能

自己評価と指導者評価をすり合わせ、指導内容の理解度を向上

日々の日誌の振り返りや1週間を通じての改善策の記載、指導者コメントの確認ができるため、翌日や翌週の実習に役立てられ、自己評価と指導者評価をすり合わせ、自身の到達度を把握できます。

学生

具体的な指導の伝達・記録がオンライン上で迅速に

指導者は事前に学生のプロフィールを確認することで、事前準備をすることができます。手書きと比較し、迅速かつ的確に時間を気にせず熟慮してコメントができ、効果的な指導の実施を実現します。

指導者

必要に応じて適切に実習中の学生をサポート

巡回指導前に日誌内容などを確認することで、実習時のモチベーションを維持し、離脱・退学などの防止対策を行うことが可能です。また、実習成績評価のためのエビデンスとしても活用できます。

教員

system

動作環境

PC用サイト:推奨環境

項目 内容
OS Windows® 10
ブラウザ Microsoft Edge(最新版)、Google Chrome (最新版)

スマートフォン用サイト:推奨環境

項目 内容
iPhone iOS15、safari(最新版)
Android 11、Google Chrome(最新版)
flow

導入までの流れ

ステップ1

実習担当教員・実習担当者へのシステム紹介

ステップ2

学科内の教員・学科長へのシステム紹介

ステップ3

学内決済へ向けての支援

お求めの情報は見つかりましたでしょうか?

詳細を知りたい⽅、ご興味を持って頂いた⽅ はお気軽にこちらからご相談ください。
※お急ぎの方は03-3291-2600までお電話ください。

個⼈情報の取り扱いについては、個⼈情報保護⽅針をご確認・ご承諾の上、「承諾して送信する」ボタンをクリックしてください。
本フォームにご記⼊いただいた情報は、サービス・セミナーの情報提供などに使⽤させていただくことがございます。

弊社への個⼈情報の提供は任意となっておりますが、ご提供いただけない場合は、提供できないサービス(お問い合わせ等への対応を含む)もあります。