「FUJIFILM DR CALNEO Flow(カルネオ フロー)G80」新発売

高画質・低線量を追求したデジタルX線画像診断装置「CALNEO Flow」の新サイズ

画像有効領域17×32インチで全脊椎、小児全身などの広範囲をワンショットで撮影

ニュースリリース

2022年8月8日

このニュースリリースは、報道機関向けに発信している情報です。

富士フイルムメディカル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川原 芳博)は、当社画像読取技術ISS(*1)方式を組み合わせて高画質・低線量を追求したデジタルX線画像診断装置「CALNEO Flow」の新ラインアップとして、X線を読み取るセンサーパネルに画像有効領域17×32インチ(43×80㎝)のTFT基板を採用し、全脊椎、小児全身などの広範囲をワンショットで撮影できる「FUJIFILM DR CALNEO Flow G80」(以下、CALNEO Flow G80)を2022年8月8日に発売いたします。

「CALNEO Flow G80」は、長辺が従来パネルの約2倍の32インチで、ワンショットで全脊椎や小児全身などの広範囲の撮影が可能です。広範部位の分割撮影や、撮り終えた複数画像の合成作業が不要となるため、撮影効率が大幅に向上します。また、低線量でも高画質なX線撮影が可能な画像読取技術ISS方式を採用し、少ないX線量でもシャープな画像を実現します。さらに、パネルの厚みは15mmで、広く医療施設に導入されている長尺撮影用のX線撮影台をそのままご利用いただけます。

「CALNEO Flow G80」は、無線通信およびバッテリー駆動で、重量は5.2kg(*2)で取り回しも良く、立位撮影台からテーブルへの移動や別の撮影室への持ち運びも可能です。また、最大100枚の画像保存可能な内蔵メモリを搭載しており、内蔵無線アクセスポイント、ボタン操作による接続システムの切り替えなどもでき、様々な撮影シーンにおいて快適にご使用いただけます。

さらに、高い抗菌性能とその持続性を併せ持つ当社の抗菌コート技術「Hydro Ag(ハイドロエージー)」(*3)でコーティングした「抗菌仕様」で、表面に付着した汚れを落としやすく、清潔で衛生的にご使用いただけます。

富士フイルムは、今後もさまざまな医療現場のニーズに応え、医療従事者のワークフロー効率化・医療の質の向上、人々の健康維持増進に貢献していきます。

製品画像:FUJIFILM DR CALNEO Flow G80

FUJIFILM DR CALNEO Flow G80

  • *1 Irradiation Side Samplingの略。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る当社方式。
  • *2 ±10%でバッテリーを除く重量。バッテリーの重量は約180g。
  • *3 2014年7月に当社が開発した抗菌コート技術。従来の銀系抗菌剤を使った抗菌コートに比べて約100倍の抗菌性能を実現。

1. 品名
FUJIFILM DR CALNEO Flow G80
販売名:デジタルラジオグラフィ DR-ID 1800
認証番号:第302ABBZX00021000号の構成品のフラットパネルセンサ(DR-ID 1836SE)

2. 発売日
2022年8月8日

3. 主な特長

(1)全脊椎、小児全身などの広範囲をワンショットで撮影
X線を読み取るセンサーパネルに画像有効領域17×32インチ(43×80cm)サイズのTFT基板を採用し、ワンショットで全脊柱や小児全身などの広範囲の撮影が可能です。また、厚みは15mmで、広く医療施設に導入されている長尺用のX線撮影台をそのままご利用いただけます。さらに、他の「CALNEO Flow」シリーズと同様に、無線通信およびバッテリー駆動の可搬型ワイヤレスタイプで、目的のX線撮影室へ持ち運んで使用することも可能です。

(2)X線信号の散乱・減衰を大幅に抑制して、少ないX線量でもシャープな画像を実現
カルネオシリーズで高い評価を得ている画像読取技術ISS方式を継承し、X線信号の散乱・減衰を大幅に抑制して、少ないX線量でもシャープな画像を実現します。
また、大小の蛍光体粒子を最適なブレンド比とした独自設計のGOSシンチレータにより、X線の吸収量を向上させることで、高感度・高鮮鋭度な画像を提供します。

左画像:一般的な画像読取方式、右画像:当社の画像読取技術ISS方式

左:一般的な画像読取方式   右:当社の画像読取技術ISS方式
 

(3)表面に付着した汚れを落としやすく、清潔で衛生的に使用可能
高い抗菌性能とその持続性を併せ持つ当社の抗菌コート技術「Hydro Ag」でコーティングした表面は、塗布膜表面の銀イオン濃度が高く、従来の抗菌コートと比べて約100倍(*4)の抗菌性能を実現します。さらに、その効果は長期間持続します。銀系抗菌剤を含有した超親水性膜により、カセッテ表面に付着した汚れも拭き取りやすく、清潔で衛生的にご使用いただけます(*5)。

左画像:大腸菌に対する残菌数試験結果、右画像:黄色ブドウ球菌に対する残菌数試験結果

左:大腸菌に対する残菌数試験結果   右:黄色ブドウ球菌に対する残菌数試験結果

  • *4 製品の特性上、その効果を将来的に常に保証するものではありません。
  • *5 抗菌規格JIS Z 2801に適合、国際規格ISO22196に対応したSIAA(抗菌製品技術協議会)登録商品です。
ニュースリリース用画像:FUJIFILM DR CALNEO Flow G80
  • * ニュース用画像データは、プレス関係者向けにご提供しております。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

富士フイルムメディカル株式会社
マーケティング部

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。