日本
市場トレンド

【資料】データ保管時の消費電力による
CO2排出量を削減するには

生産・開発現場や自動運転、監視カメラなどの動画や画像の高精細化、IoT・AIデータ、5G通信の普及などで、データの爆発的な増加が進み、組織の「データ保管によるCO2排出量増大」への懸念が大きくなっています。

保管時の消費電力はもちろん、ストレージの寿命による廃棄物等を考えると、従来の想定を越えるCO2対策が必要に。IT業界やストレージ業界では、その強力な解決策として「テープストレージ」に期待が集まっています。ストレージ業界専門のアナリストがHDDとテープストレージのCO2排出量を多角的に比較し、データ保管におけるCO2排出量削減に向けた最新のアプローチを詳しく解説します。

目次

  • 気候変動への新たな関心
  • デジタルデータの急増
  • ストレージ業界のサステナビリティに向けた取り組み
  • コールドデータを最新のテープストレージに移行するメリット
  • 世界的な影響力の潜在性
  • 付録:手法について