富士フイルムビジネスイノベーション

Device Log Service®クラウドで、複合機の使用状況を見える化

専用サーバーも特別なアプリも不要、複合機の使用状況をWebブラウザーで集計・参照できるサービス。

Device Log Serviceは、機器の使用状況を、Webブラウザーを使って集計・参照できるサービスです。
集計結果は、表やグラフで見やすく色分けされ、出力も可能。
対象機器やユーザー IDを絞り込んで集計できるので、個人や部門ごとに費用を管理できます。
EP-BB注1 を契約した複合機と、インターネットに接続できるパソコンさえあれば、すぐに運用可能。
専用のサーバーを立てる必要もありません。オフィスのTCO削減をスムーズに推進できます。

  • 注1富士フイルムビジネスイノベーションが提供する複合機管理サービス。

どの部門の誰が何枚出力したかがわからない

利用者個人をベースに、部門やプロジェクト単位での集計ができます。

詳しく見る別窓で開きます

課題

どの部門の誰が何枚出力したかがわからない。

解決

Device Log Serviceでは、利用者個人をベースに、部門やプロジェクト単位での集計ができます。

効果

  • ユーザー個人に部門などのラベルをつけて管理できます。
  • ユーザー単位の集計なので受益者負担で費用の按分ができます。
  • ユーザー情報はリスト形式で一括入力・更新が可能です。
  • 機能別・カラー/モノクロ・まとめて1枚・両面の利用などさまざまな集計ができます。

出力コストを利用部門や利用会社に請求したい

料金情報を設定することで、手軽に料金での集計が始められます。

詳しく見る別窓で開きます

課題

出力コストを利用部門や利用会社に請求したい。

解決

Device Log Serviceでは、料金情報を設定することで、手軽に料金での集計が始められます。

ご使用状況の集計(料金)画面

効果

  • カラー・モノクロ、コピー・プリントごとに料金を設定することで、料金での集計が可能です。
  • 金額で表示されるので、そのまま請求書の裏付けデータとして使うことが可能です。

メンバーに、もっと出力コストやエコに関する意識づけをしたい

複合機の操作パネルにユーザー個人の使用状況を表示。ユーザー別のわかりやすいレポートの作成も簡単です。

詳しく見る別窓で開きます

課題

メンバーに、もっと出力コストやエコに関する意識づけをしたい。

解決

Device Log Serviceでは、複合機の操作パネルにユーザー個人の使用状況を表示。ユーザー別のわかりやすいレポートの作成も簡単です。

効果

・複合機連携サービス機能で、ユーザーが複合機を使う時に操作パネルに使用状況を表示します。

・コストを節減する機能の使用状況や、グループ内での位置づけがわかり、個人の意識づけにつながります。

まずは富士フイルムビジネスイノベーションにご相談ください。
ご希望の条件や、現在使用している商品の情報をご記入いただければ、お客さまのご要望に合ったご提案をいたします。

  • 2022年4月15日

    動作環境を更新。

  • 2022年2月8日

    対応機種を更新。

  • 2021年12月15日

    動作環境を更新。

  • 2021年12月6日

    動作環境を更新。

  • 2021年10月1日

    「ApeosWiz Device Log」は商品名を「Device Log Service」に変更します。ご契約中のサービスはお手続き不要で、継続利用いただけます。