富士フイルムビジネスイノベーション

メールを送受信するための設定をする

コンテンツID(1070)

メール機能を利用するには、各種設定が必要です。次の手順で設定を行ってください。

  1. メールを送受信するポートを有効にする
  2. IPアドレスを設定する
  3. メールアドレスやホスト名を登録する
  4. メールの受信プロトコルを設定する
  5. POP3サーバーを設定する
  6. SMTPサーバーを設定する
  7. 送受信するドメインの制限を設定する
  8. メール送受信のセキュリティーを設定する
  9. 設定した内容を確認する

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

メールを送受信するポートを有効にする

メールの送信、受信ポート、およびメール通知サービスポートを起動します。

  1. ホーム画面で認証情報の表示エリアを押して、機械管理者モードに入ります。

    image

  2. ホーム画面で[設定]を押します。

    image

  3. [ネットワーク設定]を押します。

    image

  4. [ポート設定]を押します。

    image

  5. [メール送信]を押します。

    image

  6. [メール送信 - ポート]を押し、表示されるメニューから[起動]を選びます。

    image

  7. [<]を押して[ポート設定]画面に戻ります。

  8. [メール受信]を押します。

    image

  9. [メール受信 - ポート]を押し、表示されるメニューから[起動]を選びます。

    image

  10. [<]を押して[ポート設定]画面に戻ります。

  11. [メール通知サービス]を押します。

    image

    補足
    • 「WSD」とは、「Web Services on Devices」の略です。

  12. [メール通知サービス - ポート]を押し、表示されるメニューから[起動]を選びます。

    image

  13. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  14. 引き続き、IPアドレスを設定するを行います。

IPアドレスを設定する

IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイアドレスなどを設定します。ここでは、使用環境がIPv4の場合を例に説明します。

補足
  • IPアドレスがすでに設定されている場合は、以下のステップは不要です。メールアドレスやホスト名を登録するに進んでください。

  • DHCP、BOOTP環境の場合は、IPアドレスの取得方法を設定してください。

  • アドレスが自動的に取得できない場合や、手動設定が好ましい場合は、IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイアドレスを以下に記載したとおりに設定してください。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[プロトコル設定]を押します。

    image

  2. [TCP/IP - ネットワーク設定]を押します。

    image

    補足
    • セカンダリーイーサネット(オプション)を装着している場合、本設定項目は[TCP/IP 設定(Ethernet1)]、[TCP/IP 設定(Ethernet2)]となります。IPアドレスを設定するときは、[TCP/IP 設定(Ethernet1)]を選んでください。

    • 無線LANネットワークで本機を運用している場合、本設定項目は[TCP/IP設定(Wi-Fi)]となります。

  3. [IPv4 - IPアドレス取得方法]を押します。

    image

  4. IPアドレスの取得方法を選び、[OK]を押します。

    image

    補足
    • DHCPサーバーを使用する場合は、Windows® Internet Name Service (WINS)サーバーも設定してください。DHCPサーバーを設定するときには、CentreWare Internet Servicesを使用してください。

  5. 手順4で[手動で設定]を選んだ場合は、「手動で設定する」に進みます。
    [手動で設定]以外を選んだ場合は、[ネットワーク設定]画面に戻り、引き続きメールアドレスやホスト名を登録するを行います。

手動で設定する

  1. [TCP/IP - ネットワーク設定]画面で、[IPv4 - IPアドレス]を押します。

    image

  2. 表示されるキーボードを使って、IPアドレスを入力し、[OK]を押します。

    image

    補足
    • アドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力してください。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。

  3. 手順1〜2と同じ方法で、[IPv4 - サブネットマスク]と[IPv4 - ゲートウェイアドレス]を設定します。

    補足
    • ゲートウェイアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力してください。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。0、128、192、224、240、248、252、254、および255の数値を組み合わせてサブネットマスクを指定します。ただし、0以外の値の間に0を使用することはできません。ゲートウェイアドレスを設定しない場合は、0.0.0.0を入力します。

  4. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  5. 引き続き、メールアドレスやホスト名を登録するを行います。

メールアドレスやホスト名を登録する

本体のメールアドレス、名前、ホスト名、およびドメイン名を設定します。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[本体メールアドレス/ホスト名]を押します。

    image

  2. [メールアドレス]を押します。

    image

  3. 表示されるキーボードを使って、メールアドレスを入力し、[OK]を押します。

    image

  4. 手順2〜3と同じ方法で、[名前]、[ホスト名]、および[ドメイン名]を設定します。

    注記
    • メール受信プロトコルに[SMTP]を使用する場合は、エイリアスは設定できません。アカウント(@マークの左側)は、任意の名称を設定できます。アドレス部(@マークの右側)には、ホスト名とドメイン名を組み合わせたものを設定します。

      たとえば、

      • アカウント名:mymail
      • ホスト名: myhost
      • ドメイン名: example.com

      の場合、メールアドレスは、mymail@myhost.example.comとなります。

    • メール受信プロトコルに[POP3]を使用する場合は、アカウント(@マークの左側)にはPOPユーザー名を、アドレス部(@マークの右側)には受信用POP3メールサーバー名を設定します。mymail@example.comのようなエイリアスも設定できます。

      たとえば、

      • アカウント名: mymail

      の場合、メールアドレスは、 mymail@myhost.example.comとなります。

  5. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  6. 引き続き、メールの受信プロトコルを設定するを行います。

メールの受信プロトコルを設定する

使用環境に合わせて、[POP3]または[SMTP]を設定します。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[その他の設定]を押します。

    image

  2. [メール受信プロトコル]を押し、表示されるメニューから[SMTP]または[POP3]を選びます。

    image

  3. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  4. 引き続き、次を設定します。

POP3サーバーを設定する

本体のメール受信プロトコルをPOP3に設定した場合、使用するPOP3サーバーを設定します。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[メール送受信設定]を押します。

    image

  2. [POP3サーバー設定]を押します。

    image

  3. [POP3サーバー - サーバー名/アドレス]を押します。

    image

  4. 表示されるキーボードを使って、サーバー名またはIPアドレスを入力し、[OK]を押します。

    image

    補足
    • IPv4 の場合、IPアドレスはxxx.xxx.xxx.xxx の形式で入力します。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。

    • IPv6 の場合、IPアドレスはxxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx の形式で入力します。xxxx は16 進数です。

  5. 同様にして、POP3サーバーのポート番号、受信間隔、ログイン名、パスワード、および暗号化するかどうかを設定します。

    image

    補足
    • ポート番号は、1〜65535の範囲の値を入力します。初期値は110です。

    • 設定したパスワードを解除する場合は、[POP3サーバー - パスワード]画面で、何も入力しない状態で[OK]を押します。

  6. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  7. 引き続き、SMTPサーバーを設定するを行います。

SMTPサーバーを設定する

送信用サーバーを設定します。また、受信プロトコルで[SMTP]を選んだ場合は、受信用サーバーとしても使用します。

  1. [ネットワーク設定]画面で[メール送受信設定]を押します。

    image

  2. [SMTPサーバー設定]を押します。

    image

  3. [SMTPサーバー - サーバー名/アドレス]を押します。

    image

    補足
    • [接続確認]を押すと、本機から指定したメールアドレスにテストメールが送信され、本機とSMTPサーバーとの接続状況を確認できます。

  4. 表示されるキーボードを使って、サーバー名またはIPアドレスを入力し、[OK]を押します。

    image

    補足
    • IPv4 の場合、IPアドレスはxxx.xxx.xxx.xxx の形式で入力します。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。

    • IPv6 の場合、IPアドレスはxxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx の形式で入力します。xxxx は16 進数です。

  5. 同様にして、SMTPサーバーのポート番号、送信時の認証方式、SMTP AUTH認証する場合はログイン名とパスワードを設定します。

    image

    補足
    • ポート番号は、1〜65535の範囲の値を入力します。初期値は25です。

    • メール送信に問題が発生し、認証方式が問題であるかどうかを確認したい場合は、[送信時の認証方式]で[利用しない]を選び、[SMTPサーバー - サーバー名/アドレス]で、認証が不要なサーバーを設定します。

    • 設定したパスワードを解除する場合は、[SMTP AUTH - パスワード]画面で、何も入力しない状態で[OK]を押します。

  6. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  7. 引き続き、送受信するドメインの制限を設定するを行います。

送受信するドメインの制限を設定する

メールの送受信を許可する、または拒否するドメインを登録します。制限しない設定もできます。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[その他の設定]を押します。

    image

  2. [送受信ドメインの制限]を押します。

    image

  3. [制限方法]を選びます。

    image

  4. [送受信許可ドメインの指定]、または[送受信拒否ドメインの指定]を選んだ場合は、[ドメイン1]を押します。

    image

  5. 表示されるキーボードを使って、許可または拒否するドメイン名を入力し、[OK]を押します。

    image

  6. 手順4〜5の操作を繰り返し、許可または拒否するドメインを設定します。

  7. [<]を押して[ネットワーク設定]画面に戻ります。

  8. お使いの機種がApeosPort-Ⅶ C4422の場合は、引き続き、メール送受信のセキュリティーを設定するを行います。

メール送受信のセキュリティーを設定する

メールの暗号化通信を行うために、S/MIMEの設定をします。S/MIMEの設定には、本体に登録するS/MIME証明書が必要です。また、暗号化通信を行うには、送信先の個人証明書またはデバイス証明書も必要です。

補足
  • 以下の手順には、ネットワーク管理者の支援が必要です。

  1. [ネットワーク設定]画面で、[セキュリティ設定]を押します。

    image

  2. [S/MIME設定]を押します。

    image

  3. 以下の項目を設定します。

    image

    • 本体の証明書 - S/MIME
      S/MIME通信で使用する証明書を設定します。

    • S/MIME通信
      証明書IDが設定された場合に、S/MIME通信を有効にするか無効にするかを設定します。

    • 信頼できないメール
      信頼できないメールを受信するかを設定します。

    • 信頼できないインターネットファクス(画面上で使用可能になっている場合)
      信頼できないインターネットファクスを受信するかを設定します。

    • メッセージダイジェスト方式
      メッセージダイジェスト方式を[SHA1]、[SHA256]、[SHA384]、および[SHA512]から選びます。

    • 本文の暗号化方式
      本文の暗号化方式を[RC2-40]、[RC2-64]、[RC2-128]、[3DES]、[AES-128]、[AES-192]、および[AES-256]から選びます。

    • 暗号化メール分割送信
      暗号化メールを送信先ごとに分割送信するかを設定します。

    • 暗号化インターネットファクス分割送信
      暗号化したインターネットファクスを送信先ごとに分割送信するかどうかを設定します。

    • 署名 - メール送信
      メールに署名を常に添付するか、メール送信時に署名を指定するかを設定します。

    • 署名用証明書(メール)
      [メール送信]の[デジタル署名]で使用する証明書を指定します。

    • 署名 - インターネットファクス送信(画面上で使用可能になっている場合)
      インターネットファクスに署名を常に添付するか、インターネットファクス送信時に署名を指定するかを設定します。

    • 証明書の自動取得
      アドレス帳に登録されているアドレスから送信されたメールを受信したときに、メールに添付されているS/MIME証明書を自動的に保存するかを設定します。

設定した内容を確認する

  1. すべての設定が終了したら、ホームボタンを押します。
    [再起動]画面が表示されるので[はい(再起動する)]を選びます。

    image

  2. 本体の再起動後、機能設定リストをプリントして、各項目が設定されていることを確認します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答