富士フイルムビジネスイノベーション

画像に線/帯が入る場合の対処を知りたい

コンテンツID(6015)

原稿送り装置の原稿読み取り部や本体内部のLEDプリントヘッド部が汚れていると、画像に線や帯が入ることがあります。

原稿送り装置を清掃する場合は、付属の清掃布で、原稿読み取りガラスおよび原稿押さえを清掃してください。汚れが落ちにくいときは、水または中性洗剤を少量含ませた布で拭き、そのあと乾いた清潔な柔らかい布で拭いてください。

LEDプリントヘッドを清掃する場合は、付属の清掃棒で清掃してください。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

原稿読み取り部の清掃手順

  1. 原稿送り装置を開き、付属の清掃布を取り出します。

    image

  2. 原稿読み取りガラス[1]と、原稿押さえ[2](灰色部分)を拭きます。

    清掃箇所には、[up]と[down]が刻印されています。

    image

  3. 緑色のレバーをつまみ原稿クッションを開けて、裏面読み取りガラス[3]と原稿ガイド[4](白色部分)を拭きます。

    image

  4. 開いた原稿クッションを閉じ、手前や奥に浮きがないことを確認してから、原稿送り装置を閉じます。

    image

LEDプリントヘッド部の清掃手順

  1. 機械が停止していることを確認し、正面カバーを開けます。

    image

  2. 搬送ボックスのレバーを左方向に回し、ロックを解除します。

    image

  3. 搬送ボックスの両端のつまみをつまんで、ボックスを外します。

    image

    注記
    • 外したボックスは立てた状態で平らな場所に置いてください。

      image

  4. 正面カバーの裏側に付属している清掃棒を取り出します。

    image

  5. ドラムカートリッジのレバーを右方向に90度回転させます。

    image

  6. 清掃棒の矢印(↑)部を下に向けて、LEDプリントヘッド部内の奥に突き当たるまで差し込み、ゆっくりと引き抜きます。

    image

    補足
    • 4カ所(R1〜R4)を、すべて往復2回ずつ清掃してください。

  7. ドラムカートリッジのレバーを左方向に90度回転させます。

  8. 清掃棒を正面カバーの裏側にある元の場所に戻します。

  9. 搬送ボックスを元に戻します。

    補足
    • ボックス本体を押して、ボックスが確実に閉じるのを確認してください。

  10. 搬送ボックスのレバーを右方向に回して、ロックします。

  11. 正面カバーを閉じます。

    補足
    • 正面カバーが少しでも開いていると、メッセージが表示され、機械が作動しません。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答