富士フイルムビジネスイノベーション

【カスタムボックス保存】スキャンするデータの保存先を簡単に選択したい

コンテンツID(2003)

概要

「カスタムボックス保存」を利用すると、各ユーザーが利用できる親展ボックスだけが表示され、スキャンしたデータの保存先が簡単に選べます。また、機能の設定値を変更してワンタッチアプリを作成したり、初期値や並び順を変更した機能を複製して「カスタムボックス保存」とは別の機能ボタンを作成したりできます。作成方法については、『カスタムUIパッケージ3 取扱説明書』を参照してください。
ここでは、「カスタムボックス保存」の基本的な操作の流れを説明します。

手順

  1. 原稿送り装置、または原稿ガラスに原稿をセットします。

    補足
    • 原稿をセットする方法については、『ユーザーズガイド』を参照してください。
  2. メニュー画面で、[カスタムボックス保存]を押します。



  3. スキャンしたデータを保存する親展ボックスを選びます。



    補足
    • 親展ボックスが1つしか表示されていない場合は、すでに選ばれた状態となります。
  4. 必要に応じて、各項目を設定します。



    補足
  5. 操作パネルの<スタート>ボタンを押します。

    注記
    • 通常のメニュー画面から本機能を起動した場合、本機能の利用中は、ジョブの割り込みはできません。
  6. 親展ボックスに文書が格納されていることを確認します。

    補足
    • 親展ボックスに格納された文書を確認する方法については、『ユーザーズガイド』を参照してください。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答