富士フイルムビジネスイノベーション

カスタムスキャンの[ファイルの送付方法]で[URL送信]を利用したとき、ファイル容量が制限を超えて、これ以上「URL送信」をできないというメッセージが表示されました。どうすればよいでしょうか?

コンテンツID(3002)

概要

複合機本体に保存できるファイルの容量には制限があります。スキャン実行時のカラーや解像度の設定によって、保存できる容量は異なります。たとえば、用紙サイズがA4 の文書をフルカラーでスキャンした場合、保存できるファイル容量の目安は次のとおりです。

  • 出力ファイル形式:JPEG、読み取り解像度:600dpi の場合、約7,000 ページ
  • 出力ファイル形式:JPEG、読み取り解像度:200dpi の場合、約28,000 ページ

対処方法

複合機本体に保存できるファイルの容量が制限を超えた場合、原稿を読み込んだあとにエラーが発生します。この場合は、次のように対処してください。

  • ほかの方法を指定してスキャンを実行する
    カスタムスキャンの[ファイル送付方法]で[メール添付]を選択するか、サーバー上のフォルダーを宛先に指定して、スキャンします。
  • 標準機能のスキャナー(メール送信)やスキャナー(PC保存)を使ってスキャンを実行する
  • 複合機本体の空き容量を増やしてからスキャンを実行する
    すでに保存されている文書を、メールに記載されたURLにアクセスして削除するか、[URL送信の文書保存期間]が過ぎたファイルが自動で削除されるのを待ちます。文書保存期間の初期値は、24時間です。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答