富士フイルムビジネスイノベーション

例外動作で設定した時刻どおりに転送先が切り替わらない

コンテンツID(3005)

概要

原因として、次のケースが考えられます。

  • 例外動作と通常動作の切り替え予定時刻に、複合機で他のジョブが実行中だった、外部機器からの操作中だった、または誰かが複合機を操作していた。
  • [曜日ごとの例外時間帯]だけでなく、[日時指定による例外期間]も設定されている。
  • 転送設定後に、機械管理者IDまたはパスワードが変更された。
補足
  • 例外動作と通常動作の切り替えは、システムが5分間隔で日時を確認し、設定されている日時が過ぎていると判断できた場合に行います。そのため、最大で5分程度の時間差が発生する場合があります。

『ペーパーレスファクス仕分け 取扱説明書』の「困ったときは」の対処方法を参照して対処してください。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答