富士フイルムビジネスイノベーション

宛先表をあらたに登録する必要がありますか?

コンテンツID(1000)

概要

スキャン送信、メール送信をお使いのお客様は、現在お使いの宛先表をそのまま使えます。
[スキャンオート]画面で宛先を指定する際に[宛先表]を押すと、現在お使いの宛先表が表示されます。スキャンデータを宛先表に登録されているメールアドレスに送信したり(メール送信)、コンピューターの保存先に転送したり(スキャン送信)できます。

注記
  • [送信先アドレスの初期値]が[固定アドレス]または[認証ユーザーのアドレス]に設定されている場合、次のように動作します。
    • [固定アドレス]に設定されている場合、機械管理者が登録した宛先に送信されます。
    • [認証ユーザーのアドレス]に設定されている場合、認証ユーザーのメールアドレスが自動的に取得され、ご自分のメールアドレスに送信されます。
    詳しくは、『スキャンオート取扱説明書』の「送信先アドレスの初期値」を参照してください。
補足
  • スキャン送信をお使いの場合、コンピューターの保存先を宛先表に登録しておけば、スキャンデータをコンピューターに転送できます。登録方法については、お使いの複合機の取扱説明書を参照してください。
  • [メール送信時の送付方法]の設定によってスキャンデータの送信方法が次のように異なります。
    • [自動切り替え(添付/URL送信)]に設定されている場合、データサイズによって、メールに添付するか、本体に一時保存する(URL送信)かが自動的に切り替わります。
    • [本体に一時保存(URL送信)]に設定されている場合、本体に一時的に保存され、宛先のメールアドレスに取り出し用と削除用のURLをお知らせするメールが送信されます。
    詳しくは、『スキャンオート取扱説明書』の「メール送信時の送付方法」を参照してください。
補足
  • ApeosPort/DocuCentreシリーズの場合、機種によっては「スキャン送信」は「スキャナー(PC保存)」、「スキャナー(メール送信)」は「メール送信」と表示されます。
参照
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答