富士フイルムビジネスイノベーション

よく使う機能や手順を登録して、呼び出したい(ジョブメモリー)

コンテンツID(5816)

概要

よく使う機能の設定をジョブメモリーに登録しておくと、ボタンひとつで呼び出すことができます。また、一連の操作ステップを記憶できるため、操作ステップによって表示される画面の階層なども記憶できます。

ジョブメモリーを登録する

  1. ホーム画面で[登録/変更]を押します。

    image

  2. [ジョブメモリー登録]を押します。

    image

  3. 登録する番号を選びます。

    image

    補足
    • 登録済みの番号には上書きできません。未登録の番号を選ぶか、不要なジョブメモリーを削除してください。

  4. 登録する一連の操作を行います。

    注記
    • ホーム画面または機能リストのカスタマイズにより、ボタンの位置や設定項目の表示順を変更した場合は、ジョブメモリーを登録しなおす必要があります。

    • 手差しトレイの用紙サイズや紙質を選ぶジョブメモリーを登録する場合は、用紙サイズと紙質の両方を登録してください。用紙サイズだけ、または紙質だけを登録すると、ジョブメモリーを正しく呼び出せないことがあります。

    • ジョブメモリーの登録後に次の操作を行うと、登録されたジョブメモリーが正しく呼び出せないことがあります。

      • ジョブメモリーの操作対象の親展ボックスのパスワード変更

      • 操作パネルの設定変更

      • [仕様設定/登録]>[仕様設定]>[コピー設定]>[プリセットボタンの設定]で設定変更

    • 仕様設定、ジョブフロー、および宛先表を使用するサービスの内容は登録できません。

    • 自動リセット機能でタイムアウトしたり、ポップアップ画面(紙詰まり画面など)が表示されたりすると、ジョブメモリーの登録操作が中止されます。

  5. 登録する操作が完了したら、[登録完了]を押します。

    image

    補足
    • [登録中止]を押すと、登録を中止できます。

ジョブメモリーの名称を変更する

  1. ホーム画面で[登録/変更]を押します。

    image

  2. [ジョブメモリー登録]を押します。

    image

  3. [名称登録/変更]を押します。

    image

  4. 名称を登録(変更)したいジョブメモリーを押します。

    image

  5. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、任意の名称を入力し、[決定]を押します。

    image

ジョブメモリーを呼び出す

  1. ホーム画面で[ジョブメモリー]を押します。

    image

  2. 呼び出したいジョブメモリーを押します。

    image

    補足
    • 登録されている番号だけを選べます。

    • ジョブメモリーの呼び出しが完了すると音が鳴ります。また、呼び出しに失敗したときは異常終了音が鳴ります。

  3. ジョブメモリーを呼び出したあと、必要に応じてその他の機能を設定したり、[スタート]を押してジョブを開始したりします。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答