富士フイルムビジネスイノベーション

トナー回収ボトルの交換

コンテンツID(3040)

注意事項

警告
  • 床などにこぼしたトナーは、ほうきで掃き取るか、または石けん水を湿らした布などで拭き取ってください。掃除機を用いると、掃除機内部のトナーが、電気接点の火花などにより、発火または爆発するおそれがあります。大量にこぼれた場合、弊社カストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。
  • トナー回収ボトルは、絶対に火中に投じないでください。トナーが発火または爆発する可能性があり、火傷のおそれがあります。使い終わった不要なトナー回収ボトルは、必ず弊社の営業担当者または販売店にお渡しください。弊社にて処理いたします。
注意
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジは幼児の手が届かないところに保管してください。幼児がトナーを飲み込んだ場合は、ただちに医師に相談し指示を受けてください。
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジを交換する際は、トナーが飛散しないように注意してください。また、トナーが飛散した場合は、トナーが皮膚や衣服に付いたり、トナーを吸引したり、または目や口に入らないように注意してください。
  • 次の事項に従って、応急処置をしてください。
  • トナーが皮膚や衣服に付着した場合は、石けんを使って水でよく洗い流してください。
  • トナーが目に入った場合は、目に痛みがなくなるまで 15 分以上多量の水でよく洗い、必要に応じて医師の診断を受けてください。
  • トナーを吸引した場合は、新鮮な空気のところへ移動し、多量の水でよくうがいをしてください。
  • トナーを飲み込んだ場合は、飲み込んだトナーを吐き出し、水でよく口の中をすすぎ、多量の水を飲んでください。すみやかに医師に相談し指示を受けてください。

■消耗品 / 定期交換部品の取り扱いについて

  • 消耗品 / 定期交換部品の箱は、立てた状態で保管しないでください。
  • 消耗品 / 定期交換部品は、使用するまでは開封しないで、次のような場所を避けて保管してください。
    • 高温多湿の場所
    • 火気がある場所
    • 直射日光が当たる場所
    • ほこりが多い場所
  • 消耗品 / 定期交換部品を使用するときは、取り扱い上の注意をよく読んでから使用してください。取り扱い上の注意は、消耗品 / 定期交換部品に同梱されているか、消耗品 / 定期交換部品の箱や容器に記載されています。
  • 消耗品 / 定期交換部品は、予備を用意することをお勧めします。
  • 消耗品 / 定期交換部品を発注するときは、商品コードを確認のうえ、弊社の商品センターまたは販売店にご注文ください。
  • 弊社が推奨していない消耗品 / 定期交換部品を使用された場合、装置本来の品質や性能を発揮できないおそれがあります。本製品には、弊社が推奨する消耗品 / 定期交換部品をご使用ください。

■使用済み消耗品の回収

回収されたトナーカートリッジおよびトナー回収ボトルは、環境保護・資源有効活用のため、リサイクルしています。不要となりましたトナーカートリッジおよびトナー回収ボトルは適切な処置が必要です。必ず弊社または販売店へお渡しください。

■消耗品の状態確認

消耗品の状態は、[消耗品]画面で参照できます。

手順

トナー回収ボトルには、使用済みのトナーが入っています。トナー回収ボトルの状態によって、次のようなメッセージがタッチパネルに表示されます。メッセージに従ってください。

メッセージ プリントできる残りページ数 * 状態 / 処置
トナー回収ボトルを準備してください。 1000 ページ トナー回収ボトルが寿命に近づいています。新しいトナー回収ボトルを用意してください。

プリントできる残りページ数は、プリント環境、原稿の内容、電源を入 / 切する頻度によって異なります。

注記
  • トナー回収ボトルの裏側にあるグレーのスポンジ(5つ)には触らないでください。トナーで手が汚れるおそれがあります。
  • トナー回収ボトルを交換するとき、トナーがこぼれ、床が汚れるおそれがあります。あらかじめ紙を敷くことをお勧めします。
  • 使用済みのトナー回収ボトルを正しく処分する必要があります。使用済みのトナー回収ボトルは、弊社カストマーコンタクトセンターに返却してください。
  • 弊社が推奨していないトナー回収ボトルを使用された場合、装置本来の品質や性能を発揮できないおそれがあります。本製品には、弊社が推奨するトナー回収ボトルをご使用ください。
  1. 機械が停止していることを確認し、フロントカバーを開けます。



  2. ロックレバーを反時計回りに回します。



  3. トナー回収ボトルのロックを解除し、使用済みのトナーがこぼれないように、垂直にした状態で引き出します。



  4. 補足
    • 取り外すときは、トナー回収ボトルを落とさないように注意してください。
    • 取り外した後は、図で示している箇所には触れないでください。トナーによって手が汚れたり、しみがつくことがあります。
    注記
    • トナー回収ボトルを図のように置かないでください。故障やトナーが飛び散る原因になります。



  5. 新しいトナー回収ボトルを用意します。



  6. 新しいトナー回収ボトルを入れ、ロックします。



  7. ロックレバーを時計回りに回し、フロントカバーを閉じます。



  8. 付属のプラスチック袋に使用済みのトナー回収ボトルを入れます。



  9. 使用済みのトナー回収ボトルを、両手でしっかり持って、空き箱へ入れます。



  10. 注記
    • 使用済みのトナー回収ボトルは、弊社カストマーコンタクトセンターに返却してください。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答