富士フイルムビジネスイノベーション

アプリケーションの問題

コンテンツID(2130)

症状 原因/処置
Acrobatで、PDFファイルがプリントできない 原因 アプリケーションの[印刷]>[詳細設定]>[PostScriptオプション]>[フォントとリソースのポリシー]が[使用範囲ごとに送信]になっていませんか?
この場合、フォント情報などが適切に埋め込まれないため、エラーが発生することがあります。
処置 [ページごとに送信]、または[開始時に送信]に変更してください。
PDFファイルで、ページ範囲を入力してプリントすると、「PostScriptエラー(107)」が発生する 原因 ServerManagerの[システム]→[プリントジョブの設定]→[ページ指定のプリントを高速化]にチェックマークが付いていませんか?
処置 チェックマークを外してください。 チェックマークを外しても改善しないときは、アプリケーションの[印刷]>[詳細設定]>[PostScriptオプション]>[フォントとリソースのポリシー]を[ページごとに送信]、または[開始時に送信]に変更してください。
PDFファイルが文字化けする(特に、Acrobatで編集したあと) 原因 フォントが埋め込まれていません。
APPEジョブではエラーでプリントできませんが、CPSIジョブでは代替フォントが使用され、その代替フォントにない文字だけが化けるためです。
処置 PDFの[ファイル]→[プロパティ]→[フォント]タブで、すべてのフォントが埋め込まれていること(「埋め込みサブセット」になっていること)を確認してください。
PDFファイルの文字が太る 原因 透明効果が適用されていませんか?
CPSIジョブでは、透明効果を処理するときにラスター画像に変換するため、再現が異なることがあります。
処置 APPEジョブでプリントしてください。
PDF/X-1aとPDF/X-4のプリント結果が異なる 原因 透明効果が適用されていませんか?
PDF/X-1aでは、透明効果をサポートしていないためです。
処置 PDF/X-4でプリントしてください。
PDFプリンタードライバーを使用したとき、Acrobat 11と10以前(または、InDesign CCとCS6以前)で色味が異なる 原因 Acrobat 10以前、InDesign CS6以前は、PDFのパススルー方式に対応してないためです。
処置 同じAcrobatのバージョンでプリントする、またはプリンタードライバーを使用してプリントしてください。
PDFファイルのプリント結果が、Acrobatとホットフォルダ経由で、色が異なる 原因 PDFファイルがRGBで作られていて、プリンターで直接CMYK変換するホットフォルダと、AcrobatによるCMYK変換の処理方法が異なるためです。
処置 アプリケーションの設定で色味の差を抑えることができます。
アプリケーションの[印刷]>[詳細設定]>[カラーマネジメント]>[カラーの処理]で、[プリンターカラーマネージメント]([詳細設定]>[カラー]>[カラープロファイル]で、[プリンタ/PostScriptカラーマネージメント])を選択します。
透明効果を持つオフィス文書がプリントできない 原因 1,200 dpi以上のイメージのマスクオブジェクトはプリントできないためです。
処置 プリントオプションの[画質]>[プリンタモード]で、[連続階調(K100%高精細)]を選択すると、改善することがあります。


 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答