富士フイルムビジネスイノベーション

Windowsクライアント(プリンタードライバー)

コンテンツID(4030)

インストールの前に、あらかじめ、プリンタードライバープラグインをダウンロードし、解凍しておきます。

プリンタードライバーをインストールする前に、起動しているアプリケーションをすべて終了してください。

補足
  • プリンタードライバーのインストールは、Windows管理者でログインしてください。
  • Windows 8、またはWindows 8.1以外のOSでプリンタードライバーを使用するには、Microsoft.NET Framework 4以上がインストールされている必要があります。

プリンターの作成

プリンターの作成は、共有プリンターを使う場合と使わない場合で異なります。

補足

Bonjour機能を使用して、プリンターの作成もできます。
Bonjour機能については、「Bonjour機能」を参照してください。

Windows 7を例に説明します。

共有プリンターを使う場合

補足

共有プリントでは、NetBIOS over TCP/IPが開いている必要があります。
NetBIOS over TCP/IPついては、『GX Print Serverセキュリティ対策に関する補足情報』を参照してください。

  1. Windowsの[スタート]→[デバイスとプリンター]を選択します。

  2. [プリンターの追加]をクリックします。

  3. [ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンターを追加します]をクリックします。

    [ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンターを追加します]をクリックします
  4. 共有プリンターの一覧からプリンターを選択し、[次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします
    補足
    • Print Serverに登録されているユーザー名と同じユーザー名でクライアントPCにログインしている場合、[ユーザー認証]ダイアログボックスが表示されます。この場合、ネットワーク管理者に確認して、ユーザー名、パスワードを入力してください。
    • 共有プリンターの一覧にPrint Serverが表示されない場合は、[探しているプリンターはこの一覧にはありません]をクリックし、Print Serverの情報を入力してください。
  5. [次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします
  6. [完了]をクリックします。

    [完了]をクリックします

 

共有プリンターを使わない場合

 

  1. Windowsの[スタート]→[デバイスとプリンター]を選択します。

  2. [プリンターの追加]をクリックします。

  3. [ローカルプリンターを追加します]をクリックします。

    [ローカルプリンターを追加します]をクリックします
  4. [新しいポートの作成]を選択し、[ポートの種類]で[Standard TCP/IP Port]を選択して、[次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします。
  5. 次の設定をして、[次へ]をクリックします。

    1. [ホスト名またはIPアドレス]にPrint ServerのIPアドレスを入力します。

    2. [ポート名]にポートの名前を入力します。

    3. [プリンターを照会して、使用するプリンタードライバーを自動的に選択する]のチェックを外します。

    [次へ]をクリックします。
  6. [デバイスの種類]で[カスタム]を選択し、[設定]をクリックします。

    [設定]をクリックします
  7. 次の設定をして、[OK]をクリックします。

    1. [プロトコル]で[LPR]を選択します。

    2. [LPR 設定]の[キュー名]にPrint ServerのTCP/IP 論理プリンターの設定名(画面例では「lpr_print」)を入力します。

    3. [LPRバイトカウントを有効にする]のチェックが外れていることを確認します。

    [OK]をクリックします。
     
    補足

    Rawモードはサポートしていません。

  8. [プリンターの追加]ダイアログボックスで、[次へ]をクリックします。

  9. [ディスク使用]をクリックします。

    [ディスク使用]をクリックします
  10. [フロッピーディスクからインストール]ダイアログボックスで、[参照]をクリックします。

  11. 「V2100CPSPlugIn」フォルダーを選択し、[開く]をクリックします。

    [開く]をクリックします
     
    補足

    「V2100CPSPlugIn」フォルダーは、「V2100CPSPlugIn.exe」を解凍して使用してください。

  12. 開いたフォルダー内のINFファイルを選択し、[開く]をクリックします。

    [フロッピーディスクからインストール]ダイアログボックスが表示されたら、[OK]をクリックします。

  13. [FX Versant 2100 Press GX1000 PS J]を選択し、[次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします
  14. [次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします
    補足

    次のダイアログボックスが表示された場合は[インストール]をクリックします。

    [インストール]をクリックします
     

    ["Fuji Xerox Co., Ltd."からのソフトウェアを常に信頼する]にチェックを付けると、弊社製のプリンタードライバーのインストール時には、確認のダイアログボックスが表示されなくなります。

  15. 必要に応じて、次の設定をして、[次へ]をクリックします。

    [次へ]をクリックします
     
    • プリンターを共有する場合
      [このプリンターを共有して、ネットワークのほかのコンピューターから検索および使用できるようにする]を選択し、[共有名]、[場所]、および[コメント]を入力します。
    • プリンターを共有しない場合
      [このプリンターを共有しない]を選択します。
  16. Print Serverを通常使用するプリンターとして設定する場合は、チェックが付いていることを確認し、[完了]をクリックします。

    [完了]をクリックします

    [デバイスとプリンター]にPrint Serverのプリンターが追加されます。

Bonjour機能

IPネットワーク内のデバイスやサービスなどを自動的に検出するBonjour機能によって、プリンターの追加が簡単にできます。 「Bonjour for Windows」がインストールされていることを確認します。

補足
  • Bonjour機能を使用するときは、Print Stationのリンクメニューの[設定]→[システム設定]→[プロトコル設定]→[Bonjour]が[起動]になっていることを確認してください。
  • Bonjour機能を使用してのプリンターの作成は、プリンタードライバーをインストールしたあとに行ってください。
  • Bonjour機能を使用するには、プリンターを設定するクライアントPC とPrint Server が同一のサブネット内に接続されている必要があります。
  • 「Bonjour for Windows」がインストールされていない場合は、Apple Inc.のWebサイトからダウンロードして、インストールしてください。

Windows 7を例に説明します。

  1. デスクトップの「Bonjourプリンター ウィザード」アイコンをクリックします。

    Bonjour機能が設定されているプリンターが表示されます。

    補足

    Windowsの[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[Bonjour]→[Bonjourプリンター ウィザード]を選択しても、起動できます。

  2. プリンターを選択し、[次へ]をクリックします。
  3. [完了]をクリックします。

 

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答