富士フイルムビジネスイノベーション

トナークリーニング

コンテンツID(5050)

概要

現像器に残っている時間が経過したトナーを排出し、新しいトナーを現像器に供給することで、プリント画質を改善できます。
次のときに実施します。

  • プリント時にトナーの固まりによる白点が多発した(「トナーの固まりによる白点」とは、白抜けの中心部に画像と同色の核があるもの)
  • 像密度の低いジョブをプリントしているとき、約3,000枚ごと
  • 朝/夕方の1日2 回(業務の始まり/終わり)

手順

現在の状態を確認するために、確認プリントをします。

  1. 機械管理者モードにログインし、操作パネルの<システム設定>ボタンを押します。

  2. [仕様設定/登録]>[保守]を押します。

    [保守]を押します
  3. [保守]で、[▼]を2回押して画面を切り替え、[トナークリーニング]を押します。

    [トナークリーニング]を押します
  4. 清掃するトナーにチェックマークを付け、CIN(トナー濃度)を入力します。

    CIN(トナー濃度)を入力します
  5. 用紙トレイを選択し、<スタート>ボタンを押します。
    プリントが開始されます。

  6. プリント結果を確認し、清掃が必要なトナーにチェックマークを付け、[クリーニング]を押します。

    CIN(トナー濃度)を入力します
  7. <スタート>ボタンを押します。
    清掃が開始されます。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答