保温車両

冬期の北海道では、配送時のトラック内とエンドユーザーオフィスとの温度差が20~30度にもなります。このような環境下で機械設置時の結露を防止するためにセールスやエンジニアは、つねにドライヤーを携行し、機械を温める結露処置に無駄な時間をとられてきました。富士フイルムロジスティックスでは、結露のメカニズムを徹底調査し、実験を重ねた結果、新型保温車両を開発・導入しました。冬期でも納入と同時にエンドユーザーにお使いいただけるようにするとともに、セールスやエンジニアの負担も軽減します。富士フイルムロジスティックスが作りだす独自ソリューションの一例です。(実用新案登録案件)

保温車両紹介

[写真]

保温車両

[写真]

保温車内部

[写真]

機械をドライヤーで乾かす営業担当者