事業紹介

新薬開発に加え、新規モダリティのCDMO事業に注力

富士フイルムグループは、トータルヘルスケアカンパニーとして「予防」「診断」「治療」の3領域で幅広い事業を展開しています。この中で、富士フイルム富山化学は、「治療」領域を担う中核企業として、医療用医薬品の研究開発・生産・販売を行っています。

40年以上にわたる抗感染症領域に対する知見を活かし、近年は、国内でペニシリン系抗生物質の合成および無菌製剤の製造を行う唯一のメーカーとして、製造受託にも注力しています。

また、新型コロナウイルス感染症のmRNAワクチンにも用いられている脂質ナノ粒子 (Lipid Nanoparticle、LNP)やリポソームなどのドラッグ・デリバリー・システム(DDS)技術を用いた製剤のプロセス開発・製造受託事業(CDMO事業)を推進。2020年には、商業生産に対応した新製剤工場の稼働を開始しています。今後、LNPなどを用いる新規モダリティにも対応したCDMO事業に注力し、お客さまのご要望にお応えしていきます。

主な事業領域

医薬品の研究開発では、致死率の高い強毒性ウイルスにより引き起こされる疾患の治療薬や、アルツハイマー型認知症の進行自体を抑えることができる根本的な治療薬など、アンメットメディカルニーズが高い「感染症」「中枢神経疾患」領域を中心に、独自の作用メカニズムを持った治療薬の開発を進めます。

富士フイルムが写真フィルムを始めとする幅広い製品開発で培い進化させてきた、高度なナノ分散技術や解析技術、合成技術と、当社の生産ノウハウや製造設備などを活かして、DDS技術であるLNPやリポソームを用いた製剤の設計からプロセス開発、商業生産まで一貫したCDMO事業を展開していきます。

富山・701工場

富山市内にある、国内初の商業生産に対応したLNP/リポソームの製剤工場にて、これら製剤の治験薬製造および商業生産の受託を行います。

また、ペニシリン系抗生物質の合成および無菌製剤の製造を行う唯一の国内メーカーとして、製造受託も行っています。

富士フイルムの画像処理技術を生かした調剤監査業務支援システム「PROOFIT 1D(プルーフィット ワンドース)」など、医療現場のニーズを捉えた製品・サービスを提供しています。