日本

低分子医薬品

NEW

固形一般内服薬、固形セフェム内服薬、原薬バルクなど、豊富な委受託製造の経験を踏まえ、各種規制要件を満たした生産設備で、お客さまの立場にたった受託製造業務を進めています。

  • 研究部門、生産技術部門からの充実した受託バックアップ体制
  • たゆまぬ製造技術力の向上
  • 安定した品質管理能力
  • 経済的な受託価格

受託範囲

  • 注射用リポソーム製剤
  • ペニシリン系注射剤(バイアル製剤、バッグ製剤、凍結乾燥末)
  • 固形セフェム内服薬
  • 原薬バルク(ペニシリン原薬)

生産能力

注射用リポソーム製剤工場
  • 35L、350L調製タンク
  • 高薬理活性対応
ペニシリン系注射剤工場
  • バイアル年間生産能力(8百万本)*1
  • ダブルバッグ年間生産能力(4百万バッグ)

*1 凍結乾燥末の供給も可能で同能力に含む

固形セフェム内服薬工場
  • 錠剤年間生産能力 4億錠
  • 単一品目 月間生産能力 2千万錠
  • 錠剤、硬カプセル、散剤、顆粒剤の生産が可能

富山市にある工場では、人と設備と立地に恵まれた製薬環境をフルに生かして受託のご期待におこたえいたします。

各種生産設備を取り揃え,お客さまの幅広いニーズにおこたえいたします。

製造設備:固形製剤工場

製造設備:注射製剤(バイアル)工場

リポソーム製剤工場

富士フイルムグループは、写真フィルムなどで培った、高度なナノ分散技術や解析技術、プロセス技術を活かして、有効成分を効率的に患部に届け薬効を高めるリポソーム製剤の研究開発、リポーム製剤によるドラッグ・デリバリー・システム(DDS)の技術開発も推進しております。


リポーム製剤による、低分子医薬品、次世代医薬品の核酸医薬品や遺伝子治療薬への応用展開も目指して、DDS製剤のCDMO(Contract Development and Manufacturing Organization)事業も推進しております。