富士フイルムビジネスイノベーション

ApeosWide Plot ドライバー(標準)

本サービスに登録されているソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)をダウンロードする前に、「注意事項」および「使用許諾条件」を必ずお読みください。使用許諾条件に同意された場合のみ、ソフトウェアをダウンロードして使用することができます。

概要

本ソフトウェアは、インストールツール付きのプリンタードライバーです。
本プリンタードライバーは、2002年11月に新規市場導入した対象プロッター専用のドライバーの新バージョンです。Intel® i386チップで稼動するPCを対象とします。64bit版はAMD64/EM64Tプロセッサーで動作するx64 Edition専用です。IA-64のプロセッサーでは動作しません。

本プリンタードライバーは、従来ドライバー(HPGL/VCGLドライバー)に対する画質向上と解像度を下げることなくプリンターの最大長まで出力可能とすることを目的に、開発しました。また、出力フォーマットをTIFFに変更し、ドライバーのプロパティのUIイメージを富士フイルムビジネスイノベーション製オフィスプリンターと統一感を持たせています。
従来ドライバー(HPGL/VCGLドライバー)と比較して、以下の機能的な違いがあります。

  • 長尺データの終端を自動的に認識してデータ生成するシンクロカット機能を搭載しました。
  • 2アップ、4アップ処理機能を搭載しました。
  • 給紙ロール、トレイ指定機能を搭載しました。
  • フォルダーの詳細設定(耳折り等)を行う機能を搭載しました。
  • 写真イメージのコントラストの調節機能を搭載しました。
  • フォルダー使用時に有益な、用紙排出の向きを指定する機能を搭載しました。
  • ドライバーからファイル出力を可能にする機能を搭載しました。
  • ドライバーで生成したデータをプレビューする機能を搭載しました。

ダウンロード

ファイル名 ffwpd21042nw63cija.exe
ファイル形式 自己解凍形式
ファイルサイズ 22,748,544 バイト
 

ダウンロードができないときの対処方法

仕様

ソフトウェア種別 ApeosWide Plot ドライバー(標準)
バージョン 1.12.1
登録日 2021年10月5日
対応機種
  • ApeosWide 3030
  • ApeosWide 6050
  • DocuWide 2055
  • DocuWide 2055 MF
  • DocuWide 3030
  • DocuWide 3030MF
  • DocuWide 3035 MF
  • DocuWide 3037 EP
  • DocuWide 3037 MF
  • DocuWide 6055
  • DocuWide 6055 MF
  • DocuWide 6057 EP
  • DocuWide 6057 MF
  • DocuWide 9095α
  • DocuWide 9098α
動作環境
  • Windows 10 (32ビット) 日本語版
  • Windows 10 (64ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (32ビット) 日本語版
  • Windows 8.1 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2019 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2016 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 R2 (64ビット) 日本語版
  • Windows Server 2012 (64ビット) 日本語版
転載条件 転載、再配布、商行為は一切禁止
著作権者 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社

注意事項

インストールについて

  1. ダウンロードしたファイルを任意の空ディレクトリーにコピーしてダブルクリックします。
  2. ドライバーインストールツールが起動しますので、ダイアログの指示に従い、ソフトウェアをインストールします。

プリンタードライバーインストール時の注意事項

プリンター側のSNMPの設定が「有効」となっている必要があります。SNMPの設定は、DocuWide 3030 / 3030MF、DocuWide 2055 / 2055MFプリンター部のPrint Services on Web注1にて、下記の手順で確認・設定を行ってください。
DocuWide 3035MF / 3037EP / 3037MF / 6055 / 6055MF / 6057EP / 6057MF / 9095α / 9098αのSNMPの設定は、プリンター部のCentreWare Internet Services注1で行います。

[Print Services on Web でのSNMPの設定方法]

  1. ブラウザー(Microsoft Internet Explorer)を起動します。アドレス入力欄にプリンターのURL(http://ホスト名またはIPアドレス)を入力して、[Enter]キーを押します。
    PrintServices on Webのトップ画面が表示されます。
  2. [管理者ページ]ボタンをクリックします。[ユーザー名とパスワードの入力]ダイアログボックスが表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力して[OK]ボタンを押します。ユーザー名とパスワードは、システム管理者の方に問い合わせてください。
  3. [プロパティ]ボタンを押します。プロパティのメニューが表示されましたら、[SNMP]ボタンを押します。
  4. [SNMP:]の[有効にする](もしくは、[有効])のチェックボックスがチェックされているか確認してください。チェックされていない場合は、チェックボックスをチェックして、[適用]ボタンを押します。[適用]した場合は、プリンターの電源を切/入してください。

[CentreWare Internet Services SNMPの設定方法]

  1. ブラウザー(Microsoft InternetExplorer)を起動します。アドレス入力欄にプリンターのURL(http://ホスト名またはIPアドレス)を入力して、[Enter]キーを押し ます。CentreWare Internet Servicesのトップ画面が表示されます。
  2. 右上の[ログイン]をクリックします。[ログイン]ダイアログボックスが表示されますので、ユーザーIDとパスワードを入力して[ログイン]ボタンを押します。ユーザー名とパスワードは、システム管理者の方に問い合わせてください。
  3. [プロパティ]タブを押します。プロパティのメニューが表示されましたら、 [ネットワーク設定]の[ポート起動]を選択します。
  4. [SNMP]の[有効]のチェックボックスがチェックされているか確認してください。チェックされていない場合は、チェックボックスをチェックして、[適用]ボタンを押します。[適用]した場合は、プリンターの電源を切/入してください。

以上で、SNMPの設定は「有効」になります。

  • 注1 Print Services on Webの詳細な操作方法については、各プリンターの「プリンター操作説明書」、もしくは、Print Service on WebおよびCentreWare Internet Servicesのオンラインヘルプを参照してください。

ご利用の際の注意

  1. DocuWorks 7, 8 からの印刷
    DocuWide 2055MF、DocuWide 3030MF、DocuWide 3035MF、DocuWide 3037 MF、DocuWide 6055MF、DocuWide 6057 MF、DocuWide 9095α、DocuWide 9098αでスキャンした画像を印刷する場合には、以下の内容を確認して使用してください。
    1. プリンターを選択します。
    2. 印刷ダイアログ内の「詳細設定」ボタンを押下し、「元のサイズ」に合わせる」と「ユーザ定義用紙サイズで印刷」の両方をチェックします。
      この設定では、DocuWorks 6以前で縮小してスキャンした画像や非定形の画像も自動的に元のサイズや非定形で出力できます。
    3. OKをクリックして印刷を行います。
    • 注記 A3以上のサイズをA3に自動的に縮小したい場合は、上記設定に加えて、プロパティをクリックし、「出力用紙サイズ」に「A3より大きい原稿をA3に縮小」を選択してください。
    • 注記 フィニッシャーや+1Cは、プロパティをクリックして設定してください。
    • 注記 明示的に出力用紙サイズを選択する場合は、「詳細設定」ダイアログ内の「印刷用紙の大きさに合わせて拡大/縮小」をチェックし、プロパティをクリックして、原稿サイズや出力用紙サイズを設定してください。
  2. 【認証情報の設定】をする際の注意事項
  3. ドライバーインストールツールを使用する際の制限事項
  4. インストール時に表示される【Windowsセキュリティ】【ユーザーアカウント制御】について
  5. プリンタードライバーの削除手順
  6. 「ファイル出力する」機能で、「ファイルの出力先設定」の保存先フォルダーに「ライブラリ」を指定することはできません。
  7. ユーザー定義用紙の設定方法
  8. 本ソフトウェアの動作環境、インストール方法の詳細はドライバパッケージ内にあるreadme.txtを, 使用時の注意事項の詳細についてはドライバパッケージ内にあるreleasenote.txtをお読みください。
  9. 64ビットOSをお使いの場合、32ビットのアプリケーションから「ファイル出力する」機能で同じファイル名を指定した時、上書き確認ダイアログが表示されません。
  10. ご使用になる前に同梱のreadme.txtファイルをお読みください。

変更履歴

2021年10月5日 Ver. 1.12.1 リリース

リリース

使用許諾条件

本ソフトウェア(以下、提供ソフトウェアといいます。)の使用許諾条件は、以下に記載するとおりです。

  1. 提供ソフトウェアの著作権は、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(以下、富士フイルムビジネスイノベーションといいます。)ならびに原権利者に帰属します。
  2. 提供ソフトウェアは、各提供ソフトウェアに対応する富士フイルムビジネスイノベーション製品を利用する目的で日本国内においてのみ使用することができます。
  3. 提供ソフトウェアを使用するにあたっては、各提供ソフトウェアに関して富士フイルムビジネスイノベーションが本サービスで明記する注意制限事項等を遵守してください。
  4. 提供ソフトウェアの全部または一部を修正、改変し、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイルあるいは逆アセンブル等により解析することを禁止します。
  5. 提供ソフトウェアを通信回線を利用し頒布すること、フロッピーディスク、磁気テープ等の他の媒体に複製し第三者に譲渡、販売、貸与、使用許諾することを禁止します。
  6. 富士フイルムビジネスイノベーション、富士フイルムビジネスイノベーションの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアを本サービスで明記する注意制限事項等で特定する以外の機器あるいはプログラムと組み合わせること、また提供ソフトウェアを改変することに起因して生じた損害、損失等に関し責任を負うものではありません。
  7. 富士フイルムビジネスイノベーション、富士フイルムビジネスイノベーションの販売会社、特約店および提供ソフトウェアの原権利者は、提供ソフトウェアに関し何らの保証責任および賠償責任も負うものではありません。

以上