富士フイルムビジネスイノベーション

DXステートメント 

お客様とビジネス変革を共に実現する
イノベーションカンパニーへ

ビジネス課題の本質を捉え、富士フイルムグループの総合力を強みに
お客様に価値提供を続けることで、企業も人も輝く社会の実現に貢献します。

2021年4 月、私たちはお客様のビジネス変革を共に実現することを使命に
「富士フイルムビジネスイノベーションジャパン」としてスタートしました。
富士フイルムグループの総合力を強みに、データやデジタル技術を有効活用することで、お客様が抱える
さまざまな課題を継続的に解決し、企業も人も輝く社会の実現に貢献していきたいと考えています。

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン
株式会社

取締役 社長旗生 泰一

「何を変えるか」を起点に、
お客様にDXの風を吹き込む

DXという言葉はよく耳にするようになりましたが、「それがどんなことで自分たちの何につながるのか」、また「具体的に何をどのように取り組めばよいか」など、お客様の中でも整理がついていないことも多いのではないでしょうか。私たちは、DXの本質・価値とは単にソリューションやサービスを導入することではなく、「企業の成長や発展にどれだけ貢献できるか」にあると考えます。DXを目的ではなく手段と捉え、富士フイルムグループが持つ強みを発揮し、お客様の成長に貢献していきます。

DXの取り組みで大事なことの一つは「何を変えるのか」です。どんなにすばらしいデジタル技術やソリューション・サービスであってもお客様に合わなければ効果を出すことはできません。私たちは、解決すべき問題や達成すべき目標に向かって、お客様の事業や組織の課題を知り抜き、お客様と一体となって実現を目指します。また、「どのように変えるのか・解決するのか」私たち自身が具体策を高め続けなければなりません。お客様のビジネスにDXの風を吹き込み、実現までのプロセスを加速できるように、最新技術やそれを用いた課題解決の方法を日々学び、何事にも諦めずに挑戦します。

  • 私たちが考えるDX

    企業の成長や発展にどれだけ貢献できるかが、その本質・価値であると考えます。

  • 私たちの姿勢

    お客様の事業や組織の現状を知り抜き、目指す姿の実現に向けて共に歩みます。

  • 一人ひとりの取り組み

    お客様のビジネスにDXの風を吹き込み、実現を加速できるように、最新技術や事例を日々学び、何事も諦めず挑戦します。

お客様がDXで目指す姿に、
独自の強みで貢献する

当社は、お客様がDXを通じて目指す姿に対して、私たちがどのような強みや提供価値で貢献していくのか方向性を示す「DXステートメント」を策定しました。このステートメントを念頭に、お客様が取り組むべき優先課題や経営テーマについてお聞かせいただき、お客様が目指す姿の実現に向けて共に取り組んでいきたいと考えています。

DXステートメントに基づく提供価値

たなビジネス領域に挑戦する

DX推進によりマーケットが広がり競争環境が変わります。富士フイルムグループが持つ、多業種のお客様への貢献や自社における事業転換の実績、新たなマーケットへの挑戦風土を強みにお客様の挑戦を支援します。例えば、メディカル分野では富士フイルムが持つ画像診断技術と旧富士ゼロックス時代から培ってきた自然言語処理技術により、これまで専門医が担っていた領域の業務変革に貢献したり、マーケティング領域のDXを推進する「Marketing Cockpit」などのサービスにより、お客様の増客を支援したりと、あらゆる業種・業務におけるDXをサポートしています。

事のやり方を変える

DXを推進することで、仕事のやり方を大きく変えることが可能です。しかし、組織や人はドラスティックな変化を避ける保守的な側面を持つため、その実行には困難も伴います。私たちは富士フイルムグループとしての企業変革や人材育成の経験を生かし、お客様内のDX人材の育成を支援するとともに、必要に応じて私たち自身が“DX遂行人材”の役割を果たします。継続的なDX推進に欠かせない、技術と業務のマッチングもサポートします。「Microsoft Dynamics 365」(クラウド型ERP/CRM)を活用した基幹システム構築で多くの実績を持つ、HOYAデジタルソリューションズが2022年1月から「富士フイルムデジタルソリューションズ」として仲間に加わりました。自社での導入実績をベースにお客様にノウハウを提供し、経営の見える化からビジネスイノベーションにつなげ、お客様に貢献していきます。

続可能な社会実現に貢献する

持続可能な社会の実現には、お客様自身が成長し続けることが欠かせません。企業規模や業種の違いに関わらずSDGsの取り組みやESG経営が求められる中で、富士フイルムグループとしての活動実績を生かし、社会貢献と事業活動、さらに日常のオフィスワークをひも付けたエコシステムづくりを支援します。
「平成29年度省エネ大賞」(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省)、経済産業大臣賞(ビジネスモデル分野)を受賞した、オフィスの出力インフラを一元管理・マネジメントする「Managed Print Services」は具体的な提供サービスの代表例です。

リエイティブな働き方を実現する/が輝き集まる会社になる

DXの進展に伴い、一人ひとりの仕事はよりクリエイティブな姿へと変わっていきます。私たちは、旧富士ゼロックス時代から蓄積してきたコミュニケーション領域での成功体験とデジタル技術の組み合わせにより、社員の皆さんがいきいきと輝く会社づくりに貢献します。

具体的には、ITの戦略立案と設計運用を支援することで、IT人材不足の課題を解消する「IT Expert Service」が一例です。また「チーム単位でのActivity Based Working」をコンセプトとした、自社の働き方変革の取り組みから得たノウハウをお客様にも提供していきます。

場を勝ち抜く

DXを推進することで、業務上のムリ・ムラ・ムダを省き、プロセスを短縮することが可能です。プロセスの短縮は事業スピードの迅速化につながり、変化の激しい市場環境において競争優位となります。さまざまな業種のお客様に提供してきた業務改革ノウハウと自社・他社のデジタル技術を組み合わせることで業務プロセスの最適化を支援します。

ビジネスに革新を起こし、
成功に導く懸け橋になる

私たちが目指すのは、お客様とビジョンを共有し、お客様が課題と感じていること、本当に必要としていることに対して一緒に解決をしていく、お客様にとって絶対的に不可欠な存在になることです。また地域との結びつきを大切にし、地域経済の発展と共に成長してまいります。お客様に寄り添い、スピード感を持って価値提供し、「お客様を成功に導く懸け橋」になることが私たちの使命です。お客様のビジネスに革新をもたらす存在として挑戦し続けてまいります。

INTERVIEW 02

お客様のベストパートナーとして
多様な解決策を提供する

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン
株式会社
執行役員菊池 史朗

INTERVIEW 03

私たち自身がDXの経験値を高め
お客様を成功に導く力になる

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン
株式会社
執行役員楠 智靖

DX TOPに戻る

お問い合わせ

DXに関する
ご相談・お問い合わせはこちら

─お客様を成功に導く懸け橋となる存在へ─
DXの実現へ、お客様と共に歩んでまいります。

お問い合わせ