富士フイルムビジネスイノベーション

富士フイルムビジネスイノベーションが考えるものづくりの見える化とは?

弊社の考えるものづくりの見える化とは、現場力向上につなげるプロセスのことで、「何とかしようと行動に移すための仕掛け」のことを言います。具体的には、下記のようなプロセスが現場で回るように仕掛けていくことです。

ではなぜこのような見える化の仕組みが必要なのでしょうか?弊社のヒヤリング調査によると、国内製造業では、下記の8つの困りごとがあり、この8つの困りごとを解決するために見える化の仕掛けが必要であると考えています。

  • 製造業の見える化を成功させるポイントとは?
    ものづくり見える化を実現するためのアクションプランサンプル

見える化には大きく2つの役割があります。1つは「サマリ」で状況を見て、大きな変化がないかを確認すること、もう1つは、「リアルタイム」で状況を見てうまくできているかを確認することです。

見える化にこのような2つの役割を割り当てることで、8つの困りごとの相関関係が見えるようになり、改善策の立案が効率よく行えるようになります。

  • 製造業の見える化を成功させるポイントとは?
    ものづくり見える化を実現するためのアクションプランサンプル

  • MENU