富士フイルムビジネスイノベーション

トナー回収ボトルを交換したい

コンテンツID(1980)

概要

トナー回収ボトルの交換方法について説明します。

警告
  • こぼれたトナーを電気掃除機で吸い取らないでください。本製品内およびトナーカートリッジ、トナー回収ボトル等に付着したトナーを電気掃除機で吸引することもおやめください。掃除機を用いると、掃除機内部のトナーが、電気接点の火花などにより、発火または爆発するおそれがあります。床などにこぼしたトナーは、ほうきで掃き取るか、または石けん水を湿らした布などで拭き取ってください。大量にこぼれた場合、弊社カストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。
  • トナー回収ボトルは、絶対に火中に投じないでください。トナーが発火または爆発する可能性があり、火傷のおそれがあります。使い終わった不要なトナー回収ボトルは、弊社にて回収いたしますので、必ず弊社カストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。
注記
  • トナー回収ボトルを交換するときは、本体の電源を入れたままの状態にしておいてください。
  • 本機が節電状態になっている場合は、トナー回収ボトルを交換する前に操作パネルで<節電>ボタンを押し、<機械確認>ボタンを押して節電状態を解除してください。
  • トナー回収ボトルを交換するときは、操作パネルが点灯している場合も<機械確認>ボタンを押して正確なトナー回収ボトルの状態を確認してから、交換してください。
  • トナー回収ボトルの裏側にある5カ所の灰色のスポンジ部分には触れないでください。トナーが指に付着するおそれがあります。
  • トナー回収ボトルを交換するとき、回収されたトナーがこぼれて床面を汚すことがあります。あらかじめ床に紙などを敷いて作業することをお勧めします。
  • 使用済みのトナー回収ボトルは、処理が必要です。弊社の営業担当者または販売店にお渡しください。
  • 弊社が推奨していないトナー回収ボトルを使用した場合、装置本来の品質や性能を発揮できないおそれがあります。本製品には、弊社が推奨するトナー回収ボトルをご使用ください。
補足

手順

  1. 機械が停止していることを確認し、右側面カバーを開けます。



  2. ロックレバーを反時計回りに90度回して、トナー回収ボトルのロックを解除します。



  3. ハンドルをつかんで、トナー回収ボトルを引き出します。トナーがこぼれないように、トナー回収ボトルは垂直に保持してください。



    注記
    • トナー回収ボトルを取り出したあと、図に示した箇所を触らないようにしてください。トナーで手が汚れる場合があります。



    補足
    • トナー回収ボトルを取り出す際に、落とさないように注意してください。
  4. 新しいトナー回収ボトルに付属のビニール袋に、使い終わったトナー回収ボトルを入れます。

  5. 新しいトナー回収ボトルを箱から取り出します。

  6. 新しいトナー回収ボトルを挿入します。



    補足
    • トナー回収ボトルがうまく入らない場合は、中間転写ユニットを完全に挿入してください。
  7. ロックレバーを時計回りに90度回して、トナー回収ボトルをロックします。



  8. 右側面カバーを閉じます。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答