富士フイルムビジネスイノベーション

ファクス送信先のヘッダーに、アドレス帳の登録名を表示させない

コンテンツID(1880)

ファクスを送信すると、相手先が受信するファクスのヘッダー部分に、通信開始時刻、発信元名、および宛先名といった発信元記録が印字されます。アドレス帳に登録されている宛先を指定して送信する場合、工場出荷時の設定では、本機のアドレス帳に登録されている名称が相手先の受信ファクスに印字されます。

登録内容が略称の場合や、敬称が付いていない場合に、失礼にならないよう、宛先にファクス番号やメールアドレスを印字する設定に変更できます。

補足
  • ファクス送信画面で、[発信元記録]を[しない]に設定して送信すると、宛先名を含む発信元記録が相手先の受信ファクスに印字されません。

  • [発信元記録]の設定の初期値は、変更できます。詳しくは、ファクス送信の初期設定を変更したいを参照してください。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

手順

  1. ホーム画面で認証情報の表示エリアを押して、機械管理者モードに入ります。

    image

  2. ホーム画面で[設定]を押します。

    image

  3. [アプリ設定]を押します。

    image

  4. [ファクス設定]を押します。

    image

  5. [ファクス動作制御]を押します。

    image

  6. [発信元記録/送信シートの宛先]を押します。

    image

  7. [宛先(番号/アドレス)を記載]を選び、[OK]を押します。

    image

  8. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答