富士フイルムビジネスイノベーション

機能リストをカスタマイズしたい

コンテンツID(5803)

コピー、ファクス、スキャンなどの操作画面に表示される、設定項目の一覧(機能リスト)の項目や順番をカスタマイズできます。また、設定した状態をそのまま初期値として設定できます。
ここでは、[コピー]画面の機能リストをカスタマイズする手順を例に説明します。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

機能リストの表示/非表示を設定する

  1. 画面を下方向にスクロールし、[カスタマイズ]を押します。

    image

  2. 表示されるメニューから[機能リスト編集]を選びます。

    image

    補足
    • 認証ユーザーでログインしている場合は、[個人用カスタマイズ]>[機能リスト編集]を押します。

    • 機械管理者でログインしている場合で、すべてのユーザーの機能リストを編集するときは、[カスタマイズ]>[機能リスト編集]を押します。機械管理者だけの機能リストを編集するときは、[カスタマイズ]>[個人モードに切り替え]で個人モードになってから、[個人用カスタマイズ]>[機能リスト編集]を押します。

    • 初期設定では一般ユーザーでも機能リストを編集できますが、一般ユーザーの編集を制限し、機械管理者だけに編集を許可する設定もできます。この設定は、CentreWare Internet Servicesの[認証/集計/権限]>[権限設定]>[アクセス制限設定]で行います。

  3. リストに表示する機能を、[image](表示する)、[image](表示しない)で切り替えます。

    image

  4. 移動したい機能を長押し、並び順を入れ替えます。

    image

  5. [確定]を押します。

  6. カスタマイズされた機能リストを確認します。

現在の設定を初期値として保存する

  1. 初期値として保存したい項目を設定します。

    image

  2. 画面を下方向にスクロールし、[カスタマイズ]を押します。

    image

  3. 表示されるメニューから[初期値として保存]を選びます。

    image

    補足
    • 認証ユーザーでログインしている場合は、[個人用カスタマイズ]>[初期値として保存]を押します。

    • 機械管理者でログインしている場合で、すべてのユーザーの初期値を登録するときは、[カスタマイズ]>[初期値として保存]を押します。機械管理者だけの初期値を登録するときは、[カスタマイズ]>[個人モードに切り替え]で個人モードになってから、[個人用カスタマイズ]>[初期値として保存]を押します。

    • 初期設定では一般ユーザーでも初期値を登録できますが、一般ユーザーの登録を制限し、機械管理者だけに登録を許可する設定もできます。この設定は、CentreWare Internet Servicesの[認証/集計/権限]>[権限設定]>[アクセス制限設定]で行います。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答