富士フイルムビジネスイノベーション

共有フォルダーを設定し直したい(「018-772」が表示される)

コンテンツID(6006)

[スキャン送信]のSMB転送で、設定した共有名が転送先サーバー上に存在しない可能性があります。

本操作ではセキュリティー設定の変更を行います。

お客様が運用しているセキュリティーのルールに従って設定してください。

設定の流れ

  1. [PC]古いフォルダーを削除し、新しく共有フォルダーを作る
  2. [複合機]アドレス帳を変更する

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

[PC]古いフォルダーを削除し、新しく共有フォルダーを作る

  1. 古いフォルダーを削除し、任意の場所にスキャンした文書を保存する新しいフォルダーを作成します

    注記
    • フォルダー名は、半角英数字で入力することをおすすめします。

  2. 作成したフォルダーを右クリックし、表示されるメニューから[プロパティ]を選びます。

  3. [共有]タブを開き、[詳細な共有]をクリックします。

    image

  4. [このフォルダーを共有する]にチェックを付け、[アクセス許可]をクリックします。

    image

  5. [アクセス許可:Everyone ]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    image

  6. [OK]をクリックします。

  7. [共有]タブの[共有]をクリックします。

    image

  8. ドロップダウンリストから[Everyone]を選び、[追加]をクリックします。続けて[共有]をクリックします。

    image

  9. [終了]をクリックします。

  10. [セキュリティ]タブを開き、[グループ名またはユーザー名]欄から[Everyone]を選び、[編集]をクリックします。

    image

  11. [アクセス許可:Everyone ]欄の[変更]の[許可]にチェックを付け、[適用]をクリックします。続けて[OK]をクリックします。

    image

  12. [閉じる]をクリックして、プロパティ画面を閉じます。

[複合機]アドレス帳を変更する

補足
  • 一般ユーザーによるアドレス帳の登録、変更が制限されている場合は、ホーム画面の[アドレス帳]から登録や変更はできません。この場合は機械管理者にご相談ください。

  1. ホーム画面で[アドレス帳]を押します。

    image

  2. 変更したい宛先を選びます。

    image

  3. [編集]を押します。

    image

  4. 変更したい宛先種別(ここでは[SMB])の[設定]を押します。

    image

  5. [共有名]を押します。

    image

  6. パソコンに作成した共有フォルダーの名前を入力します。

    image

  7. スキャン文書を共有フォルダーの中のフォルダーに保存する場合は、[保存場所]に保存先フォルダーの名前を入力します。

    image

  8. [OK]を押します。

  9. すべての設定が終わったら、[連絡先を編集]画面で[OK]を押します。

    image

  10. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答