富士フイルムビジネスイノベーション

ダイレクトファクスを送信したい(Windows®

コンテンツID(6321)

設定の流れ

  1. [複合機]本機の機種名を確認する
  2. [複合機]本機のIPアドレスを確認する
  3. [PC]ファクスドライバーを入手する
  4. [PC]ファクスドライバーをインストールする
  5. [PC]ドライバーを使ってファクス送信する
  6. [PC]CWISでファクス送信できたか確認する

ここでは、パソコンでの操作と複合機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、複合機での操作は[複合機]と明示しています。

注記
  • ダイレクトファクス送信機能を利用するには、機械管理者モードの[設定]>[アプリ設定]>[ファクス設定]>[ファクス動作制御]>[ダイレクトファクスの使用]で、使用が許可されている必要があります。

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

[複合機]本機の機種名を確認する

  1. 本機の機種名は、本体上部右側に表示されています。

[複合機]本機のIPアドレスを確認する

  1. ホーム画面で[設定]を押します。

    image

  2. [機械確認/レポート]を押します。

    image

  3. 表示された画面で、IPアドレスを確認します。

    image

  4. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

[PC]ファクスドライバーを入手する

ファクスドライバーの入手方法は、次の2つがあります。

  • 本機に同梱されているメディア(ソフトウェア/製品マニュアル)を使う

  • 弊社公式サイト(https://fujifilm.com/fb/download)からダウンロードする。

[PC]ファクスドライバーをインストールする

ここでは、パソコンと同じサブネットにTCP/IPで接続されている環境を例に、ファクスドライバーをインストールする方法を説明します。

  1. ダウンロードした標準ドライバーを、ダブルクリックします。

  2. [インストールの開始]をクリックします。

    image

    補足
    • Windowsのユーザーアカウント制御に関するメッセージが表示されたら、[はい]をクリックしてください。

  3. [使用許諾契約の条項に同意する]にチェックを付け、[次へ]をクリックします。

    image

  4. [ネットワーク接続]にチェックを付け、[次へ]をクリックします。

    image

  5. ドライバーのインストールが可能な機器の一覧が、すべてチェック状態で表示されます。ドライバーのインストールを行わない機器が表示されている場合は、ここで対象外となる機器のチェックを外してください。

    image

    補足
  6. ドライバーのインストールを行う機器だけにチェックが付いていることと、IPアドレスが正しいことを確認し、[次へ]をクリックします。

    image

  7. 本機が表示されていることを確認し、[インストール]をクリックします。

    image

  8. インストールが終了したら、[完了]をクリックします。

    image

    次の画面が表示された場合、インストールを完了するために、パソコンの再起動が必要です。

    [完了]をクリックすると、パソコンが自動的に再起動されます。

    image

    補足
    • 手動で再起動する場合は、[後でコンピューターを再起動する]を選んでください。

  9. ファクスドライバーのプロパティ画面を開き、[ファクス構成]タブで[アドレス帳タイプ]に[短縮番号なし]を選択します。

    image

    補足
    • 短縮番号の有無は、お使いの機種によって異なります。

[PC]ドライバーを使ってファクス送信する

  1. アプリケーションソフトウェアでファクス送信したい文書を開き、[ファイル]メニューから[印刷]を選びます。

    補足
    • アプリケーションソフトウェアによっては、メニューの呼びかたが異なることがあります。

  2. [プリンターの選択]から「[PC]ファクスドライバーをインストールする」でインストールした、ファクスドライバーを選び、[印刷]をクリックします。

  3. [宛先番号/アドレス]に送信先のファクス番号を入力し、[一覧に追加]をクリックします。

    image

    補足
    • G3増設ポートキット3(オプション)を装着し、本機の[設定]>[アプリ設定]>[ファクス設定]>[ファクス動作制御]>[内線設定]で内線に使用する回線を選んでいる場合は、[通信設定]をクリックして表示される画面で[内線/外線]のドロップダウンリストから、[外線]または[内線]を選ぶと、外線または内線の専用ポートが割り当てられます。詳しくは、ファクスドライバーのヘルプを参照してください。

    • 複合機の宛先表を参照して宛先を追加し、送信することもできます。宛先表を参照する場合は、「宛先表を参照してダイレクトファクスを送信する 」を参照してください。

  4. [送信開始]をクリックします。

    image

[PC]CWISでファクス送信できたか確認する

  1. Webブラウザーのアドレス入力欄に、本機のIPアドレス、またはインターネットアドレスを入力し、<Enter>キーを押します。

    補足
    • 通信を暗号化している場合、CentreWare Internet Services (CWIS)にアクセスするには、Webブラウザーのアドレス欄に「http」ではなく「https」から始まるアドレスを入力してください。

    • 本機で認証機能を使用している場合は、[ユーザー名]と[パスワード]にUser ID とパスワードを入力してください。User ID とパスワードについては、機械管理者にお問い合わせください。ユーザーに与えられている機械管理の権限によって、操作できる機能が異なります。

  2. [ジョブ]をクリックし、表示されるジョブ一覧で、ジョブが正常終了していることを確認します。

    image

  3. 送信時刻など、ジョブの詳細を確認するときは、情報アイコン[image]を選んでください。

    image

補足

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答