富士フイルムビジネスイノベーション

原稿送り装置で原稿詰まりが頻発する場合の対処を知りたい

コンテンツID(7207)

原稿送り装置内に、原稿の切れ端や付せん、クリップなどが残っている可能性があります。下記を確認してください。

  1. 上面カバー内を確認する
  2. 表面読み取り部付近を確認する
  3. 裏面読み取り部付近を確認する

商品によって一部表示や操作が異なる場合があります。

確認手順

上面カバー内を確認する

  1. 原稿送り装置の上面カバーの取っ手を持ち、止まるところまで開けます。

    <自動両面原稿送り装置 C2-PCの場合>

    image

    <自動両面原稿送り装置 B2-PCの場合>

    image

    補足
    • カバーを十分に開くと、固定される位置があります。カバーは、ゆっくりと開けてください。

  2. 上面カバー内に、原稿の切れ端や付せん、クリップなどの残留物がないか確認します。

    <自動両面原稿送り装置 C2-PCの場合>

    image

    <自動両面原稿送り装置 B2-PCの場合>

    image

  3. 上面カバーをカチッと音がするまで閉じ、カバーの手前や奥に浮きがないことを確認します。

    <自動両面原稿送り装置 C2-PCの場合>

    image

    <自動両面原稿送り装置 B2-PCの場合>

    image

表面読み取り部付近を確認する

  1. 原稿送り装置を開けます。

  2. 表面読み取りガラスに、残留物がないか確認します。

    image

裏面読み取り部付近を確認する

  1. 原稿押さえの左側部分に、残留物がないか確認します。

    image

  2. 緑色のレバーをつまみ原稿クッションを開けて、裏面原稿読み取り部付近(図中の[3]と[4])に、残留物がないか確認します。

    image

  3. 開いた原稿クッションを閉じ、手前や奥に浮きがないことを確認してから、原稿送り装置を閉じます。

    image

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答