富士フイルムビジネスイノベーション

スキャン文書をkintoneに送信する、またはkintoneに格納された文書を複合機で印刷するための設定方法

コンテンツID(2002)

概要

「クラウド連携アプリケーション for kintone」でスキャンした文書をkintoneに送信する、またはkintoneに格納された文書を複合機で印刷するためには、事前に機械管理者アカウントで設定を行う必要があります。

手順(Apeos/ApeosProシリーズの場合)

  1. お使いのPCのブラウザーから複合機の「インターネットサービス」を開き、機械管理者でログインします。

  2. [システム]から[プラグイン設定]をクリックし、[プラグイン設定]画面を表示します。

  3. [プラグイン名]から、"kintoneTransferPlugin"を選択し[表示]ボタンをクリックしクラウド連携 for kintone画面を表示します。

  4. [サブドメイン名]をクリックし、[サブドメイン設定]画面を表示します。

  5. [サブドメイン名]にお使いのkintoneのサブドメインを入力し、[保存]ボタンをクリックします。
    サブドメイン名は、ご利用のkintoneにアクセスする際のURLから確認できます。
    例:https://サブドメイン名.cybozu.com/

  6. [スキャン・プリントアプリ設定]の[アプリ設定1]をクリックし、[スキャン・プリントアプリ設定]画面を表示します。

  7. 以下の項目を設定し、[保存]ボタンをクリックします。

    設定項目 設定内容
    アプリID スキャンした文書を格納する、または格納された文書を印刷する際の対象となるkintoneのアプリID(*1)を指定してください。
    本体操作パネル上でリスト表示するフィールドコード [1]~[4] 複合機の操作パネルでスキャンした文書を格納する、またはkintoneに格納された文書を印刷する際に対象となるレコードを選択する必要があります。 レコードを選択するために、操作パネルにレコード一覧を表示しますが、その際に表示する項目のフィールドコード(*1)を指定してください。以下のいずれかのフィールドコードを指定する必要があります。
    「レコード番号」「作成者」「作成日時」「更新者」「更新日時」「文字列(1行)」「数値」「計算」「チェックボックス」「ラジオボタン」「ドロップダウン」「複数選択」「日付」「時刻」「日時」「ユーザー選択」「カテゴリー」「ステータス」「作業者」「ルックアップ」「組織選択フィールド」「グループ選択」フィールド
    文書保存フィールドコード スキャン文書を保存する、またはプリントする文書が保存されているkintoneアプリのフィールドコード(*1)を指定してください。「添付フィールド」のフィールドコードを指定する必要があります。
    コメントフィールドコード スキャン文書を保存する際に、合わせてコメントを保存することができます。この際に使用するkintoneアプリのフィールドコード(*1)を指定してください。「文字列(1行)」のフィールドコードを指定する必要があります。

    (*1)「アプリID、フィールド、フィールドコードの確認方法」もご確認ください。

  8. 設定完了後に、複合機の操作パネルから「クラウド連携 for kintone」アイコンをタップすることにより、スキャン・プリント操作を行うことができます。

手順(ApeosPort/DocuCentreシリーズの場合)

  1. お使いのPCのブラウザーから複合機の「CentreWare Internet Services」を開き、機械管理者でログインします。

  2. [システム]から[プラグイン設定]をクリックし、[プラグイン設定]画面を表示します。

  3. [プラグイン名]から、"kintoneTransferPlugin"を選択し[表示]ボタンをクリックしクラウド連携 for kintone画面を表示します。

  4. [初期設定]アイコンをクリックし、初期設定画面を表示します。

  5. [サブドメイン名]にお使いのkintoneのサブドメインを入力し、[保存]ボタンをクリックします。
    サブドメイン名は、ご利用のkintoneにアクセスする際のURLから確認できます。
    例:https://サブドメイン名.cybozu.com/

  6. [スキャン・プリントアプリID]の[登録]ボタンをクリックし、[スキャン・プリントアプリ設定]画面を表示します。

  7. 以下の項目を設定し、[保存]ボタンをクリックします。

    設定項目 設定内容
    アプリID スキャンした文書を格納する、または格納された文書を印刷する際の対象となるkintoneのアプリID(*1)を指定してください。
    本体操作パネル上でリスト表示するフィールドコード [1]~[4] 複合機の操作パネルでスキャンした文書を格納する、またはkintoneに格納された文書を印刷する際に対象となるレコードを選択する必要があります。 レコードを選択するために、操作パネルにレコード一覧を表示しますが、その際に表示する項目のフィールドコード(*1)を指定してください。以下のいずれかのフィールドコードを指定する必要があります。
    「レコード番号」「作成者」「作成日時」「更新者」「更新日時」「文字列(1行)」「数値」「計算」「チェックボックス」「ラジオボタン」「ドロップダウン」「複数選択」「日付」「時刻」「日時」「ユーザー選択」「カテゴリー」「ステータス」「作業者」「ルックアップ」「組織選択フィールド」「グループ選択」フィールド
    文書保存フィールドコード スキャン文書を保存する、またはプリントする文書が保存されているkintoneアプリのフィールドコード(*1)を指定してください。「添付フィールド」のフィールドコードを指定する必要があります。
    コメントフィールドコード スキャン文書を保存する際に、合わせてコメントを保存することができます。この際に使用するkintoneアプリのフィールドコード(*1)を指定してください。「文字列(1行)」のフィールドコードを指定する必要があります。

    (*1)「アプリID、フィールド、フィールドコードの確認方法」もご確認ください。

  8. 設定完了後に、複合機の操作パネルから「クラウド連携 for kintone」アイコンをタップすることにより、スキャン・プリント操作を行うことができます。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答