富士フイルムビジネスイノベーション

[ペーパーレスファクス仕分けの設定]をエクスポート後、転送エラーが発生する

コンテンツID(3011)

概要

ApeosPort/DocuCentreシリーズ

[ペーパーレスファクス仕分けの設定]をエクスポートすると、エクスポート後、転送エラーが発生する場合があります。この現象が発生するのは、対象の複合機で、ペーパーレスファクス仕分けが 101.1.0、101.1.1、101.2.0 の場合のみです。以下に、対処方法を説明します。

対象の複合機
  • DocuCentre-VII C2273、DocuCentre-VII C3373、DocuCentre-VII C4473、DocuCentre-VII C5573、DocuCentre-VII C6673、DocuCentre-VII C7773、DocuCentre-VII C5588、DocuCentre-VII C6688、DocuCentre-VII C7788
  • ApeosPort-VII C2273、ApeosPort-VII C3373、ApeosPort-VII C4473、ApeosPort-VII C5573、ApeosPort-VII C6673、ApeosPort-VII C7773、ApeosPort-VII C5588、ApeosPort-VII C6688、ApeosPort-VII C7788

手順

バージョンの確認

  1. CentreWare Internet Serviceを起動します。

  2. [プロパティ]>[セキュリティ]をクリックします。

  3. [プラグイン/カスタムサービス設定]をクリックします。

  4. [組み込みプラグイン一覧]で[PaperlessFaxDeliveryPlugin]を選択します。

  5. [内容確認]をクリックし、プラグイン情報画面を表示して、ペーパーレスファクス仕分けのバージョンが 101.1.0、101.1.1、101.2.0 のいずれかであることを確認します。


     
  6. [閉じる]をクリックして、プラグイン情報画面を閉じます。

設定の更新

  1. 再度[組み込みプラグイン一覧]で[PaperlessFaxDeliveryPlugin]を選択します。

  2. [確認]をクリックして、ペーパーレスファクス仕分けの設定画面を開きます。

  3. [回線設定]を選択して、回線1の設定を表示します。

  4. [動作設定]の[プリント]のチェックボックスをチェックします。その後、チェックを外します。


     
    補足
    • 操作する設定は任意でかまいません。設定を変更することで[新しい設定を適用]が有効になります。
    • 転送エラーが回線2、回線3で発生している場合は、それぞれの回線で設定の更新を行ってください。
  5. [新しい設定を適用]をクリックします。


     
  6. [閉じる]をクリックして、プラグイン情報画面を閉じます。
    設定変更予約完了ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックします。

再起動指示

  1. [組み込みプラグイン機能]を選択します。

  2. [新しい設定を適用]をクリックします。
    [再起動]ボタンが表示されるので、クリックします。

    補足
    • 対象の複合機で、本現象が発生するペーパーレスファクス仕分けバージョンをお使いの場合、[ペーパーレスファクス仕分けの設定]をエクスポート後、毎回、本手順を行ってください。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答