富士フイルムビジネスイノベーション

ドラムカートリッジを交換したい

コンテンツID(1992)

概要

弊社の担当者が交換します。カストマーコンタクトセンターにご連絡ください。

スポット保守契約のお客様は、交換用ドラムカートリッジの箱に同梱されている交換手順書に従って、お客様ご自身による交換を実施してください。

注意
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジは幼児の手が届かないところに保管してください。幼児がトナーを飲み込んだ場合は、ただちに医師に相談し指示を受けてください。
  • ドラムカートリッジやトナーカートリッジを交換する際は、トナーが飛散しないように注意してください。また、トナーが飛散した場合は、トナーが皮膚や衣服に付いたり、トナーを吸引したり、または目や口に入らないように注意してください。
  • 次の事項に従って、応急措置を行ってください。
    • トナーが皮膚や衣服に付着した場合は、石けんを使って水でよく洗い流してください。
    • トナーが目に入った場合は、目に痛みがなくなるまで15分以上多量の水でよく洗い、必要に応じて医師の診断を受けてください。
    • トナーを吸引した場合は、新鮮な空気のところへ移動し、多量の水でよくうがいをしてください。
    • トナーを飲み込んだ場合は、飲み込んだトナーを吐き出し、水でよく口の中をすすぎ、多量の水を飲んでください。すみやかに医師に相談し指示を受けてください。
注記
  • ドラムカートリッジを、直射日光や室内蛍光灯の強い光に当てないでください。また、ドラムの表面に触れたり、傷を付けたりしないでください。きれいなプリントができなくなることがあります。
  • 弊社が推奨していないドラムカートリッジを使用された場合、装置本来の品質や性能を発揮できないおそれがあります。本製品には、弊社が推奨するドラムカートリッジをご使用ください。
  • ドラムカートリッジを交換するときは、本機の電源を入れたままの状態にしておいてください。電源を切ると、本機のメモリー上に蓄えられた情報が消去されます。
  • 本機が節電状態になっている場合は、ドラムカートリッジを交換する前に操作パネルで <節電>ボタンを押し、<機械確認>ボタンを押して節電状態を解除してください。
  • ドラムカートリッジを交換するときは、操作パネルが点灯している場合も<機械確認>ボタンを押して正確なドラムカートリッジの状態を確認してから、交換してください。
補足
  • 操作パネルのディスプレイに「予備のドラムカートリッジを用意してください。(保守を依頼)」が表示されたあとは、画像汚れが発生することがあります。
  • 使用可能ページ数は、A4(たて置き)の用紙を使用した場合の枚数です。用紙のサイズや方向、連続プリント枚数、使用環境などによって異なりますので、あくまでも目安としてお考えください。
  • ドラムカートリッジの交換時期については、操作パネルのディスプレイに表示されるメッセージに従ってください。
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答