富士フイルムビジネスイノベーション

中とじフィニッシャーD2から排出された用紙がカールする

コンテンツID(3340)

概要

中とじフィニッシャーD2から排出された用紙がカールしている場合、カールを補正するボタンを押して、用紙のカールを補正できます。
カールを補正するボタンは、本機の電源が入っている場合であれば、停止中または作動中のどちらでも受け付けられます。

補足
  • 機械が作動中のときに補正モードを変更する場合、カールを補正するボタンを押した直後の排出用紙から適用されます。
  • 操作パネルの<リセット>ボタンを押しても、補正モードは変更できません。

手順

  1. 用紙がカールしている向きを確認します。



  2. カールを補正するボタンが点灯していることを確認します。



    補足
    • 本体の電源を入れたときは、カールを補正するボタンのモードは[自動]になっています。
    • <節電>モードを解除した場合、補正モードは、[自動]になります。
  3. カールを補正するボタンを押します。



    補足
    • ボタンを押した回数に応じて、補正モードが切り替わります。
    参照
 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答