富士フイルムビジネスイノベーション

相手先の応答を確認してから送信したい

コンテンツID(6312)

設定の流れ

オンフック(相手先の応答を確認して送信する)

手動送信の場合に使用します。

手動送信とは、受話器(ハンドセット(オプション))またはオンフックの状態で、相手先の応答を確認して送信する方法です。

この場合、ラインモニターの音量を「大」にすることをおすすめします。

補足
  • 複数ページを送信するときに、2ページ目以降でエラーが発生した場合、1ページ目の文書は異常終了になることがあります。
  • IPファクス(SIP)では、オンフックを利用できません。
  1. メニュー画面で[ファクス/インターネットファクス]を押します。



  2. 受話器を上げる、または[オンフック/その他]画面で[オンフック(手動送信/受信)]を押します。



  3. [手動送信]を選びます。




    • 送信/受信切り替え
      ドロップダウンリストで手動送信と手動受信を切り替えます。
      • 手動送信:相手先の応答を確認して送信します。
      • 手動受信:ファクス情報サービスなどを、手動で受信するとき使用します。
    • 英/数
      アルファベットや数字の画面が表示されます。アルファベットや数字を使って、宛先を指定できます。
      補足
      • サービスの種類によっては、トーン送出を設定しても、サービスが受けられないことがあります。
      • 回線種別がプッシュ回線に設定されているときは、[:](トーン)は表示されません。ダイヤル回線を使用している場合に、トーンを送出したいとき(プッシュ回線用のサービスを受けるとき)は、[:](トーン)を押します。
    • 記号
      記号の画面が表示されます。
      記号を使って、宛先を指定できます。
  4. 相手が応答したら、原稿をセットして<スタート>ボタンを押します。

  5. 通信が終了したら、[回線切断]ボタンを押し、操作を終了します。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答