富士フイルムビジネスイノベーション

定形サイズ以外の用紙にプリントしたい

コンテンツID(6912)

定形サイズ以外の用紙(ここでは、220×270mm)にプリントする方法を説明します。


設定の流れ

ここでは、パソコンでの操作と複合機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、複合機での操作は[複合機]と明示しています。

[複合機]用紙サイズを確認する

用紙のサイズ(幅と長さ)を、ミリ(mm)単位で測ります。

補足
  • 普通紙と異なる用紙にプリントするときには、必ず『管理者ガイド』の「2 用紙のセット」>「用紙について」を参照し、トレイに設定する用紙種類と制限事項を確認してください。

[複合機]原稿を作成する

ここでは、Microsoft® Word 2013の場合を例に説明します。

  1. 新規ファイルを開きます。

  2. [ページレイアウト]タブを開き、[印刷の向き]で[縦]または[横]を選びます。



  3. [サイズ]>[その他の用紙サイズ]を選びます。



  4. [用紙]タブを開き、[用紙サイズ]で[サイズを指定]を選び、「用紙サイズを確認する」で測った用紙のサイズ(ここでは、220×270mm)を入力し、[OK]をクリックします。




    補足
    • [高さ]には長さを入力してください(Microsoft® Wordのバージョンによっては、[高さ]が[長さ]と表示されることがあります)。
    • 使用するアプリケーションソフトウェアによっては、用紙サイズが自動で設定されるものがあります。
  5. 原稿を作成します。

[PC]ユーザー定義用紙を登録する

  1. パソコンの[スタート]メニューから、[デバイスとプリンター]を選びます。

    補足
    • Windows® 8の場合、スタート画面で、[icon]+[X]キーを押します。Windows® 8.1(マウスを利用)、Windows® 10の場合、スタートアイコンを右クリックします。表示されたメニューから[コントロールパネル]>[ハードウェアとサウンド]の[デバイスとプリンターの表示]からプリンターを選びます。
  2. プリンターを右クリックし、[プリンターのプロパティ]を選びます。

  3. [デバイスの設定]タブを開き、[ユーザー定義用紙]>[設定]をクリックします。



  4. [新しい用紙名で登録]にチェックを付け、任意の用紙名を入力します。




    補足
    • 用紙名は、31文字以内で入力してください。
  5. [短辺]と[長辺]に登録したい用紙サイズを入力します。



  6. [登録]をクリックし、[閉じる]をクリックします。




    補足
    • 一度登録しておくと、次回からユーザー定義用紙のサイズ設定は不要です。
    • 登録したユーザー定義用紙を、ほかのユーザーやプリンタードライバーと共有したくない場合は、[他のユーザーと共有する]のチェックを外してください。
  7. [プロパティ]画面で、[OK]をクリックします。

[複合機]用紙をセットする

  1. 用紙トレイ5(手差し)を開きます。

    image


    補足
    • 必要に応じて、延長トレイを引き出します。延長トレイは、2段階に引き出せます。延長トレイを引き出すときは、ゆっくりと引き出してください。
  2. 用紙をよくさばいてから、プリントする面を下に向けて用紙をそろえた状態で先端を軽く突き当たるまで差し込みます。

    image


    注記
    • 種類が異なる用紙を一緒にセットしないでください。
    • [MAX]の線より上に用紙を入れないでください。
    • 厚紙の種類によっては機械に送れなかったり、希望どおりの画質にならなかったりすることがあります。
    • 適正でない用紙を使用した場合、紙詰まりや印字品質の低下、故障、および装置破損の原因になることがあります。本機の性能を効果的に活用するために、弊社推奨の紙をご利用いただくことをおすすめします。なお、推奨の用紙以外を使用するときは、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にお問い合わせください。
  3. 用紙サイズ合わせガイドを、セットした用紙に軽く合わせます。

    image

[PC]プリンターのプロパティを設定する

  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[印刷]を選びます。

  2. [印刷]画面の[プリンター名]から本機を選び、[プロパティ]をクリックします。

    補足
    • アプリケーションソフトウェアによっては、メニューの呼びかたが異なることがあります。
  3. [原稿サイズ]で登録したユーザー定義用紙(ここでは、[カスタム(220×270mm)])を選び、[出力用紙サイズ]は[原稿サイズと同じ]にします。




    補足
    • 定形サイズの原稿を縮小または拡大してプリントする場合には、[出力用紙サイズ]で登録したユーザー定義用紙(ここでは、[カスタム(220×270mm)])を選びます。
  4. プリンタードライバー画面で、[トレイ/排出]タブの[用紙トレイ選択]から[トレイ5(手差し)]を選びます。

    image

  5. セットした用紙に合わせて、[手差し用紙種類]を選び、[OK]をクリックします。



  6. [印刷]画面で[OK]をクリックします。

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答