富士フイルムビジネスイノベーション

トレイ 1/トレイ2での用紙詰まり

コンテンツID(1070)

注意事項

詰まった用紙が破れないように、ゆっくりと取り除いてください。機械には紙片を残さないでください。

警告
  • トレイを引き抜いて紙詰まり処理を行う場合には、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。お客様自身で行うと思わぬケガをするおそれがあります。
注意
  • 機械内部に詰まった用紙や紙片は無理に取り除かないでください。
    特に、定着部やローラー部に用紙が巻き付いているときは無理に取らないでください。ケガややけどの原因となるおそれがあります。ただちに電源スイッチを切り、弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にご連絡ください。
注記
  • 工具などを使用して詰まった用紙を取り除かないでください。機械を傷つけることがあります。

手順

トレイ 1、トレイ 2 の紙づまりの処置方法について説明します。

  1. 次の説明を参照して、詰まった用紙を取り除きます。
    ・トレイ 1: 左側面上部カバーでの用紙詰まり
    ・トレイ 2(オプション):左側面下部カバーでの用紙詰まり

  2. 詰まっている用紙を取り除けない場合、用紙トレイを引き出します。



  3. 注記
    • 紙づまりが発生したとき、紙づまり位置を 確認せずに用紙トレイを引き出すと、用紙が破れて機械の中に紙片が残ってしまうことがあります。故障の原因になるので、タッチパネルで紙づまりの位置を確認してから処置をしてください。
  4. 詰まっている用紙を取り除きます。



  5. 補足
    • 用紙が破れた場合、紙片が残っていないか確認してください。
  6. 用紙トレイが止まるまで静かに押し込みます。



 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答